FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴキゲンホールディングス、実は大量閉店済み

日本クラウド証券(大部分の業務を休止中)の実質的なオーナー、出縄良人氏が勧誘している、ゴキゲンホールディングスへの投資(未公開株IPO投資)。不可解な点が、さらに沸いてきましたので、ご報告いたします。

ゴキゲンホールディングスの、2014年11月12日のプレスリリースには、以下の記述があります。
(『』内、ゴキゲンホールディングスの2014年11月12日のプレスリリースより抜粋、2015年10月25日閲覧)
http://www.dreamnews.jp/press/0000102773/

『■iPhone修理、販売 smacolle スマコレ 店舗一覧
・iPhone修理 smacolle スマコレ 梅田店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 心斎橋店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 天神橋店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 奈良店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 福井本店(エルパプラス)
・iPhone修理 smacolle スマコレ 金沢店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 茨木店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 駒川中野店
・iPhone修理 smacolle スマコレ ショッパーズモール泉佐野店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 住之江店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 千林大宮店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 高槻店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 京都店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 三宮店
・iPhone修理 smacolle スマコレ イオンタウン姫路店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 阪急武庫之荘店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 西宮浜店
・iPhone修理 smacolle スマコレ エコールリラ藤原台店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 西宮北口店
・iPhone修理 smacolle スマコレ イオンタウン野洲店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 中板橋店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 目白店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 大久保店
・iPhone修理 smacolle スマコレ イオンタウン稲毛長沼店
・iPhone修理 smacolle スマコレ コレットマーレ店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 鷺沼店
・iPhone修理 smacolle スマコレ クイズゲート浦和店
・iPhone修理 smacolle スマコレ イオンモール木曽川店
・iPhone修理 smacolle スマコレ エアポートウォーク店
・iPhone修理 smacolle スマコレ 高知インター通り店
・iPhone修理 smacolle スマコレ フジグラン葛島店
・iPhone修理 smacolle スマコレ アピタタウン金沢店』

つまり、1年前には32店舗あったものが、今や6店舗まで減少しているのです。
今年の3月には、2015年度中には100店舗とブチ上げていたにもかかわらず、実際には店舗網の大幅な縮小。

2015年度もあと5ヶ月となった今、これから収益をきちんと上げられる90店舗を出店するというのは、ほぼ不可能でしょう。

他方、出店した店舗を畳むにもお金はかかります。
この1年間で少なくとも26店舗は畳んだ以上、相当の「固定資産廃棄損」「店舗撤退費用」「敷金・保証金の放棄」が発生していると思われます。つまり、相当な損失が発生していると思われるのですが、そうした費用はどのようにして賄ったのでしょう。
まさか、投資家から集めたお金を敗戦処理に回す・・・なんてことはないのでしょうが、そうした説明がまったくないため、もしかすると・・・という疑いは抱いてしまいます。

それと・・・
先日スマコレ心斎橋店を見たところ、気になる点がありました。
「OPAの地下二階の一番奥の動線から外れた場所だが、こんな場所なら路面店のほうが良いのではないか?」
「iPhone5の文字が躍っているが、iPhone6にはどこまで対応しているのか、また、iPhone5用の部品やらアクセサリーやらは不良在庫にならないのか?」
「店員の雰囲気が、いわゆる修理屋とは全然違う感じがするが、どうなのか?」

何だか、ある時期に「商圏調査や収益調査が不十分なまま、店舗拡大を優先し、物件をきちんと吟味せず、出せる場所にとにかく出店した」という雰囲気が感じられます。
その結果、多くの店舗が撤退に追い込まれたものの、心斎橋店はたまたま採算が取れていたため残した・・・という感じが漂っていました。ただ、こんな状況では、再び高速出店を行うために資金調達を行う・・・と言われても、易々とは応じたくない・・・というのが、僕の考えです。

まぁ、ゴキゲンホールディングスが本当に将来性のある会社であれば、僕らのような個人投資家相手に百万単位の小銭を集めたりしなくても、容易に大口資金が入ってくるはずです。
でも、そういう話がないということは・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。