FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北陸新幹線、2020年に福井延伸?

来月に開業を控えた、金沢までの北陸新幹線。

これを、オリンピック開催の2020年に福井まで前倒しで延伸するそうです。


東京駅に現在、福井行きの電車というのは存在しません。

当然のことですが、東京駅に「福井行き」と表示される宣伝効果は絶大なのでしょう。

福井県としては、喉から手が出る早期開業に違いないでしょう。


他方、福井まで新幹線が延伸された場合、サンダーバードが福井で止まってしまうことになり、大阪・京都から金沢へ行くにも乗り換えが発生するようになります。

さらに、サンダーバードの行き先として「福井」と表示されるようになるため、相対的に福井の露出が増加する反面、金沢の露出は減少してしまいます。

この遠心って、福井には恩恵が大きい反面、金沢にとっては逆に、ありがた迷惑な延伸なのかもしれません。



なぜ、福井延伸繰り上げなのか・・・ですが・・・

それは、これしかないでしょう。


原発対策。


「今、ゴチャゴチャ言い出さなければ、東京オリンピックまでには福井に新幹線を引いてやるよ」

ということに他なりません。


言うことを聞かない、というか、落としどころを考えずに行動しているとしか思えない翁長沖縄県知事に対しては冷遇しておくことで、「不必要に逆らったらどうなるか」という見せしめをしています。

逆に、福井県が落としどころを考えて行動するならば、こんな飴を与えてやるよ、という飴が、北陸新幹線福井早期開業なのでしょう。



ただ、こう考えた場合、北陸新幹線の敦賀延伸はしないほうが良い、ということにもなってしまいます。

将来、北陸新幹線が敦賀まで伸びた場合、東京駅の電光掲示板には福井の文字が消えてしまうとともに、大阪駅や京都駅の電光掲示板からも福井の文字が消えてしまいます。

福井県の政治力をもってすれば、大阪駅の電光掲示板に「福井」の文字を表示させることくらいは十分可能だとは思いますが、そのあたりはどうなるのでしょうね?

(たとえば九州新幹線の部分開業時のように、実際には鹿児島中央まで電車は走らないのに、行先表示は鹿児島中央になっているとか・・・)


どっちにしても、関西電力の命運を握っている、福井県。

新幹線の延伸でも、上手に条件闘争を行うことでしょう。少なくとも、「かがやき」の上越妙高駅停車に失敗した、新潟県のようなヘマは踏まないだろうと思っています。

(あれ、もうちょっと上手に交渉していれば、例えば2本に1本の停車とか出来たはずですが・・・)



とにかく、関西の電気代をこれ以上上げないためにも、福井県は上手な手綱裁きをやってほしいな・・・と、思うのであります。

電気代の値上げが会社の業績に直結するような仕事をしている、労働者の一人としては・・・




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。