FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウドバンクの投資先、ヴォルフガングについて(2015/2/1)

個人投資家に年5%の投資利回りを提示している、日本クラウド証券のクラウドバンク。

その投資先の1社、ヴォルフガングが、穏当とは思えないような有価証券報告書を出してきました。


主な問題点を、以下に記します。


(1)監査公認会計士の頻繁な異動

さすがに、1年強で3回の入れ替えというのは、異常では済まされない次元です。

H25/12/10~H26/4/21 リンクス有限責任監査法人

H26/4/21~H26/7/14 新日本有限責任監査法人

H26/7/14~H27/1/9 紙野公認会計士事務所

H27/1/9~ (有報のP.32には異動日がH26/1/9と記載されていますが、誤りでしょう)

 月方智彦公認会計士事務所


これだけ頻繁な異動というのは、何かしら経理上の問題があると勘繰られても仕方がないでしょう。

そもそも、公認会計士の異動があるというだけで、上場企業では(株価その他において)マイナス材料と判断されます。それが、1年に2回も3回も起こったとすれば・・・

会社の売上、利益、資産、負債といった内容になにかしらの問題があると考えて間違いないでしょう。

(要するに、公認会計士が適正意見を出せないわけですから・・・)


そのため、ヴォルフガングの財務内容には何らかの問題があると考えざるを得ません。


(2)増資資金の使途の食い違い

有報の22ページに、増資資金4億5,400万円は以下のように使用したと書いてあります。

(百万円未満切捨て、以下同様)

広告宣伝費 1億9,700万円

開発費 5,500万円

人件費 5,500万円

地代家賃 1,700万円

専門家報酬 4,400万円

旅費交通費 800万円

一般管理費 2,700万円

運転資金 5,100万円


他方、損益計算書(P.36)では広告宣伝費として9,000万円(約1億円の食い違い)など、各所で増資資金使途との食い違いが散見されます。

他方、H25/9/25~H26/9/24の売り上げ金額6,500万円と比較した場合、支払手数料6,000万円というのは異常に大きく、不可解です。


さらに、短期貸付金(期末時点で2億9,200万円)に見合うだけの収入はなく(短期借入金と売上金合わせても1億7,400万円)、増資で得た資金を池田光陽社長と木戸雄介氏への貸付金に回した可能性が疑われます。


(3)未払い給与と、未払い社会保険の存在

これって、給与遅配を起こしていることに他なりません。

金額が1,100万円。詳細は不明ですが、前期1年間で1,300万円の給与手当てのうち、未払い給与が1,100万円だとすると、単純計算で10ヶ月分の給与を遅配していることになります。

ここまで給与を遅配している反面、社長は会社から2億7,200万円のお金を借りている、という部分には大きな疑問が存在します。


【総括】

ヴォルフガングという会社には、もはやお金は残っていないと思われます。

また、池田光陽社長の手元にも、キャッシュは残っていない可能性が高いです。

(従業員の給与も払えないくらいですから)


だとすると、増資で得たお金と、日本クラウド証券関連企業から借り入れたお金はどこへ消えたのでしょうか?

ここが焦点となってきます。


僕の個人的な予想としては、池田光陽社長が会社から借り入れたお金を、木戸雄介氏が経営していた株式会社グランター、もしくはその関連企業へ投資したのではないか?と、思っています。

ただし、証券取引等監視委員会のホームページに木戸雄介氏や株式会社グランターが名指しで「無許可で金融商品取引業を行う者」として公表された以上、投資資金の回収はほぼ絶望的となってしまい、結果的に従業員への給与すら払えなくなる状況に至った、と考えるのが妥当ではないか?と思っています。


ただし、池田光陽社長は騙されたのか、それとも誰かと共謀して増資で得たお金を流用したのか?

日本クラウド証券は騙されたのか、それともこの流用を知っていたのか?

この辺りは、公表された資料からでは、今のところ不明です。



ただ、現状だとヴォルフガング社はいつ資金ショートしてもおかしくなく(というか、実質的にはショートしていますが・・・)、会社の存続が危うい状況では、日本クラウド証券の「クラウドバンク」は貸し付けたお金が回収できない可能性が非常に高くなっています。


そのため、現状では「ヴォルフガング」社への投資は極めて慎重に判断されることをお勧めいたします。

また、「クラウドバンク」への投資も、元本毀損リスクが存在することをきちんと認識した上で、慎重に判断されることをお勧めいたします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1. クラウドバンクは、情報を隠し通す社風ですね。

クラウドバンクの出資者には、裏でこの様な大問題が発生している事を、全く感じさせず、
それどころか、途上国支援だとか、横浜市の中小支援だとか、社会正義をイメージ付けてますが、実際にはSBIやMANEOの様に、利子支払い予定表も出さず、また約束した、出資別残高が確認出来る様にすると言ってた件も、ズルズル放置するなど、企業モラルが低いと思います

2. なんちゃってホテル会社に続いて

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120150210023494.pdf

この会社も、グランター木戸との不適切な関係についてのレポートが、宿題になってしまいました。

某ホテル会社は、お茶を濁して退場しましたが、ここは億単位の金が不明瞭に動いている以上、本来半端な報告じゃ済まされないはずですね。

でも同じく、形式的な作文→フェイドアウトになるんでしょうね。クラウド証券側とすれば、できるだけ穏便に済まして、責任を回避したいでしょうから。

3. Re:クラウドバンクは、情報を隠し通す社風ですね。

>オプション勉強中さん
社会正義と、こんな高金利が両立する、というのは考えにくいです。
また、マザーファンドを作れば出資別残高などは必要ないはずですが、マザーファンドを作らない理由が何かあるのでしょうかね?

4. Re:なんちゃってホテル会社に続いて

>ずるちゃんさん
グランターも木戸氏も問題だとは思うのですが、それよりも社長に貸付したお金が返ってこない、というのが最大の問題だと思っています。

某ホテル会社とは異なり、1人あたりの出資額が大きいため、そう簡単にフェードアウトできるのかどうか疑問です。
どうやって出資者を集めたのかはわかりませんが、下手すると、日本ティーエムアイの二の舞になりませんから。

5. グリーンシート取消

案の定グリーンシート取消になりましたね。

ヴォルフガング株式会社株式の取引監理銘柄指定及び取扱廃止について
http://equity.crowdbank.jp/www/pdf/pdf/3684/1424683218.pdf
グリーンシート銘柄としての指定取消に関するお知らせ
http://equity.crowdbank.jp/www/pdf/pdf/3684/1424778659.pdf
臨時株主総会開催中止に関するお知らせ
http://equity.crowdbank.jp/www/pdf/pdf/3684/1424763397.pdf
ヴォルフガング株式会社の名を騙った投資勧誘行為について
http://equity.crowdbank.jp/www/pdf/pdf/3684/1424683279.pdf

6. Re:グリーンシート取消

>緑さん
倒産以外の理由でグリーンシート市場から強制退場って、キャタリスト証券銘柄では存在しましたが、日本クラウド証券銘柄では初めてなのでは?

7. 不適切な関係

調査開始から一ヶ月以上経って、グランターや木戸氏との関係の調査が、
ようやく中間報告出ました。
http://equity.crowdbank.jp/www/pdf/pdf/3684/1426240132.pdf

そんなに時間がかかる程、ヴォルフガングって巨大組織なんでしょうか?
クラウド証券側も、このまま退場させてうやむやにするつもりでしょうか?

3年ぶりの期待の星がこれでは、市場のイメージは地に墜ち、もうまともな
経営者・コンサル・会計士税理士は、グリーンシート公開を検討する事も
ないでしょうから、クラウド証券も捨て鉢になってるのでしょうか?

ちなみにグランターは、配当も電話も止まっており、絶賛逃げ回り中との情報有りです。

8. Re:不適切な関係

>ずるちゃんさん
グランター、配当年60%でしたっけ?
持つわけありませんね。

ところで、社長個人への貸付金がどうなっているのか?の報告は結局出ずでしたね。
木戸氏やグランターとの関係以前に、社長個人への貸し付けが何故行われ、現状は貸し付けたお金がどうなっているのか?の方が重要だと思うのですが、何故こっちの方は調査や報告が行われないのか、疑問でなりません。

9. Re:Re:不適切な関係

結局公開停止までに、最終報告は出さずにうやむやにされましたね。

法人から、ある会社の代表に2000万もの大金を貸しても、社長借り入れが、
(おそらく)そのある会社や周辺に億単位流れても、2社間は全く関係ないという
口上がまかり通ってしまいました。
まあ我々以外に、気にしてる人もいないでしょうけど。

グランターは確か月配当3%で、別途紹介者の取り分もあったかと。

赤の他人にお金を貸したけど、全く返ってきませんでしたテヘッ→2000万全額損金
なんてのが、税務署に通るのですかね?(ド赤字だから納税額には関係ないですが)
私も小さな会社をやってますけど、それを通せる先生が居たら鞍替えしたいですね。

10. Re:Re:Re:不適切な関係

>ずるちゃんさん
貸付金が返ってこなければ全額損金、確かにこれがまかり通るなら、世の中貸し倒れだらけですね。
得体の知れない海外企業にお金を貸し付けた、なんてことにすれば、好き放題できますので。

今回の件、結局うやむやで終わってしまいましたね。gumi以上に問題が多いように思うのですが、やはり東証1部とグリーンシートとの違いでしょうか?
プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。