スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロネコメール便廃止

許認可行政と戦ってここまで大きくなってきた、ヤマト運輸。

でも、クロネコメール便は、あっさり廃止するようです。


ヤマト運輸がその気になれば、『信書』の定義を明確にするよう、行政訴訟を起こすとか、いくらでも行政と戦う方法はあるはずです。


でも、そんな風にしないということは・・・

よっぽど、儲からないんですね。

おそらく、メール便を配達する人の確保が困難となり、歩合制給与を上げないと配達が困難だが、そんなことをすると事業そのものが成り立たなくなってしまうため、あっさりと手を引くことにしたのでしょう。



これで間違いなく困るのが、通販業者。

いままで、メール便を利用することで送料無料を実現していた業者は、この先どうするのでしょうね?


結構な数の通販業者が痛手を受けそうですね。

この先、文庫本1冊を送料無料で販売するのは困難になるでしょうし、数百円の靴下1足を送料無料で販売するのも困難になるでしょう。


逆に、こうした通販業者に散々痛い目に遭わされてきた小売業者にとっては、チャンス到来なのかもしれませんが・・・



今まで楽天などで、数百円程度であっても、送料を十分負担できるくらいの粗利が大きい商品を扱ってきた業者は、この先淘汰される可能性が高いかも知れません。

粗利が大きくて、かつ軽い、衣料品やサプリメントなどは大丈夫でしょうが、粗利はそんなに大きくなく、それなりに重量のある、書籍や食料品などは厳しくなるかも知れません


今回のヤマト運輸の措置で、儲かる企業と損する企業は、どこなのでしょうね?

間違いなくダメージを受けそうなのが楽天ですが、儲かる会社というのが知りたいです・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。