スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンイレブンジャパン以上のブラック企業、「とくし丸」

超ハイリスク・ローリターンの『とくし丸』

久しぶりに見たような気がします。
セブンイレブン以上のブラック企業。
「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」という番組は、良くフランチャイズビジネスを紹介していますが、その多くはセブンイレブンジャパンを超えるスケールのブラック企業だったりするのが実情です。
その1つ、『とくし丸』。
中小スーパーの商品を軽トラに積み込み、その商品を移動販売する「個人事業主」と、負け組中小スーパーからロイヤリティーを巻き上げるというビジネスモデルです。

朝7時から夜まで働いて、手取りはわずか19万円。
そこから税金、国民年金、健康保険、異動販売車の維持費などを払うと、いったいどれだけ残るのでしょう?

さらに、個人事業主である以上、自動車事故・故障、衛生管理(特に夏場の食品腐敗)、違算トラブル、クレーム対応等のリスクをすべて自分自身が背負い込むわけであり、上記のような実質手取りを考えるのであれば、「アルバイトの方がマシ」という結論に至ってもおかしくないと思います。
少なくとも、大手・中堅スーパーの宅配サービスのアルバイトのほうが、時給換算では良いのではないでしょうか?

そもそも移動スーパーが事業として採算に合うのであれば、スーパーやコンビニが参入したとしてもおかしくありません。そもそも、超小商圏に対する個店対応というのはコンビニの得意分野です。
また、本当に移動スーパーが儲かるのであれば、移動スーパーを事業として展開する業者が出てきてもおかしくありません。
(コンビニ経営が本当に儲かるのであれば、フランチャイズ展開ではなく、セブンイレブン自身が直営店展開するはず、というのと同じ理屈です)
事実、東日本大震災の被災地では、コンビニの移動販売車による販売が行われたという報道もありました。
しかしながら、移動販売車というのは慈善活動としての社会貢献の範囲に留まり、これで採算を取るというのは困難であるという結論に達したと思われます。仮に移動販売が採算に乗るのであれば、福島、宮城、岩手の被災地で、事業としてのコンビニ移動販売車が至る所で走り回っているはずです。
そんなコンビニ大手でも採算がとれないようなビジネスに、何故『とくし丸』が参入できるのか?
それは、セブンイレブンジャパンですら考えられないようなブラックな事業環境に、個人事業主を放り込むことで成り立っているとしか考えられません。

また、「個人事業主」は「地元スーパーと契約し」となっていますが、そもそもこの事業の採算が合うのであれば、地元スーパー自身が移動販売事業に乗り出したとしてもおかしくありません。でも、乗り出さないということは、その「地元スーパー」自身が、労働基準法を遵守した場合、移動スーパー事業に乗り出しても採算に乗らないことがわかっている、ということであると思われます。

また、「事業を通じた社会貢献」を標榜するのであれば、「個人事業主」がせめて一般的な会社員の手取り収入を手にできるような仕組みづくりこそ必要です。地域の高齢者のために、現役世代が犠牲になれ!というのであれば、今の日本が国としてやっていることと、なんら違いはありません。

移動スーパーに対する需要は確実にあると思います。
にもかかわらず、そこに(事業として)参入する企業がほとんどない理由、というものを考える必要があると思われます。
言い方が適切ではないかも知れませんが、買い物難民となるような高齢者なんて、店舗でも相手にしたくないのに、何故好き好んで移動スーパーなんていう形で迎合しなければならないのか?というのが実際のところでしょう。
買い物難民の高齢者が困っていて対策が必要だというのであれば、まずは行政が対応すべきですし、行政が自己責任だというのであれば、高齢者同士が金を出し合って移動販売を行う人に適正な給料を払い、移動販売をやってもらえば良いのです。現役世代が犠牲となって買い物難民の高齢者を救うというのは、自己犠牲もひどすぎます。

他方、移動スーパーのフランチャイズビジネスの胴元は、ノーリスクで勝手にロイヤリティだけが転がり込んでくる、濡れ手に粟のビジネスだと言えますが・・・
(大手のコンビニ本部が、店舗数飽和という現実を無視して大量出店を続ける理由は、濡れ手に粟のビジネスだからに違いないでしょう)

まぁ、そのうち「とくし丸」は類似のフランチャイズビジネスを展開する会社と同様、加盟店が利益の少なさに耐えられなくなって脱落し、もしくは当初の説明と違うという形で訴訟沙汰となり、近い将来消えていくことになるでしょう。

何度も言います。
こんなビジネスが採算に乗るのであれば、大手が事業として移動スーパーに参入します。別に参入障壁があるわけでもないのに、大手が事業として参入しない理由を良く考えてください。特に、「とくし丸」の加盟店になろうなどと考えている人は。
スポンサーサイト
プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。