阪神の日本シリーズ出場と、恐慌の関係

昭和60年、阪神が日本一になりました。

→2年後の、昭和62年の10月、ブラックマンデーが発生しました。

  (その後、バブル景気で株価は急上昇しました)


平成15年、阪神がセリーグ優勝し、日本シリーズに出場しました。

→約2年3ヶ月後の平成18年1月、ライブドアショックが発生しました。

  (ただしその前後、東海地方を始めとした空前の好景気で、日本全体が潤いました)


平成17年、阪神がセリーグ優勝し、日本シリーズに出場しました。

→約3年後の平成20年9月、リーマンショックが発生しました。

  (株価が立ち直ったのは結構後、平成24年11月の、野田元総理の衆議院解散宣言がきっかけでした)


・・・・・・

平成26年、阪神が日本シリーズに出場しました。

→何が起こる???


2~3年後に恐慌が起こり、その後の大復活があるかも知れません。

・・・あ、僕の勝手な予想です。

外れたとしても、一切責任は取れませんので、念のため。



最近、NIKKEI NETに鈴木幸一IIJ会長のブログが掲載されています。

その中に、こんな一文が乗っていました。

「日本の放漫財政政策に、先があるのだろうか」

「現在の日本の給与ベースで、なお雇用につながる新しい産業をつくる難しさを改めて考えてしまった」


経営者による、具体的な制度改革がなされないアベノミクスに対する痛烈な批判だったりするのですが、今日の円安は、実効性ある改革が行われず、既得権者に対するバラまきばかり繰り返している現在の日本政府に対する警告だったのかも知れませんね。


今のままでは、2020年には日本国債の買い手がいなくなる・・・といわれています。

残された期間は5年。

でも、阪神の日本シリーズ優勝と恐慌との経験則を当てはめた場合、2020年を待たず、2~3年後の2016年~2017年頃にもしかすると日本国債はデフォルトを起こすかも知れませんね。



こんな風にならないことを祈りつつ・・・


スポンサーサイト

【6070】キャリアリンクの株主優待が届きました

人材派遣会社、【6070】キャリアリンクの株主優待が届きました。

関根麻里のクオカード、2,000円分です。

(300株以上が2,000円、100~299株だと1,000円分)



なぜか株価が爆騰し、うれしい限りです。

その代わり、以前は漂っていた株価の割安感はなくなってきました。


それにしても・・・

株主優待ありの銘柄で、割安な銘柄って本当に少なくなってきました。

休むも相場・・・なのかも知れませんね。


消費税増税の先行きが不透明になりつつありますが、仮にもし消費税増税が中止となった場合、僕は、株と円を売ろうと思っています。

【1865】青木あすなろ建設の株主優待が届きました

【1865】青木あすなろ建設の株主優待が届きました。

南魚沼産こしひかりです。



青木あすなろ建設の株は100株から購入できますが、株主優待がもらえるのは500株以上なのでご注意を。

建設業の株はどこも急騰しましたので、あまり割安感が感じられません。

そろそろ、売り時かなぁ・・・


ただ、青木あすなろ建設は有利子負債ゼロ、自己資本比率50%以上という、恐るべき健全経営を行っていますので、倒産の心配は皆無です。

前身の一社、青木建設はバブルに踊り、十数年前に一度倒産した会社ですが、高松コンストラクショングループ傘下になってからは、以前の経営を反面教師にしているのでは?とさえ、思えます。


とりあえず、お米はおいしくいただきます♪



【2662】ダイユーエイト

福島のホームセンター、【2662】ダイユーエイトの配当が届きました。

(優待は期末のみです)





株価が700円くらいなのに、年20円配+優待。

PBRは微妙に1倍を切り、PERも8倍台と、割安感は漂っているのですが、ホームセンター業界は指標的に割安な会社が多いため、一概にダイユーエイトの株価が飛びぬけて割安・・・とは言い切れません。

それと、現金商売の会社にしては、財務体質があまり良くないのが気になります(借金多すぎ)。

回転差資金まで設備投資に回してしまっているのでしょうか?流動比率や固定比率には明らかに難があります。

これでは、収益力はあったとしても、安定性には難があると言わざるを得ません。

(これでも、【7516】コーナンよりかはマシですが・・・)


ただ、震災復興中の福島が基盤ですし、当分の間、業績は安定して推移すると期待しています。

もしかすると今期も、賠償金の特別利益があるかも知れませんし・・・


それに、福島の会社の株を買い(買い増しし)、それを売らないことこそが、福島の、先が長い復興への貢献の一助になると思っています。福島の復興なくして、日本の復興はあり得ません。



ちなみに、ここでは政治的な話はするつもりはありませんが・・・

不可解な補助金をばらまくくらいなら、東京電力は福島に本社を移せば良いのにね。

これこそが、最大の復興貢献ではないかと思うのです。


もちろん、全部門を福島に移すというのは無理があります。しかしながら東京電力って、基本的には殿様商売ができる会社ですから、購買や総務などは真っ先に福島に移すべきだと思っています。補助金ではなく、税収・雇用・消費の面で東京電力には福島に貢献してほしいな・・・と、思うのであります。


大変な思いをしながら、福島で頑張っている会社も数多くあるのに・・・

【9468】KADOKAWA・DWANGO

僕はときどき、何の根拠もなく株を購入することがあります。

「安い」とか「騰がりそう」とか「配当や優待が魅力」とか、そうした理由は一切なしで。

そして、後になってから「何でこんな株を買ったのだろう?」と、自分自身で悩むのです。

仮に、その株が騰がったとしても・・・


過去に一度も配当をしたこともなく、かといって割安というわけでもなく、成長性が高いわけでもなく・・・

【8715】アニコムホールディングス


とか、


ブームが去り、人材も去り、ワンマン経営者の思い付き経営に振り回され赤字体質を抜け出せない、

【7625】グローバルダイニング


とか、


社長が年収を大幅増額し、年3億円以上もらっているのに、株主に対する配当は連続で減らしている、と会社四季報に書かれた

【3170】アイセイ薬局


とか・・・


そんでもって、最近またこんな銘柄に手を出しました。

「それが何であるかはわからないが、とにかくすごいことをしてくれそうな会社」といえば、ここしかない!

と、思えてしまった銘柄。

それが、【9468】KADOKAWA・DWANGO。


コンテンツを産み出す能力には長けているが、従来の角川商法が通用しにくくなり、収益の刈り取り部分で行き詰まり感があるKADOKAWAは、収益の新たな刈り取り方法を所有しているドワンゴと統合することで、「現時点で具体的に何かはわからないが、なにかものすごい金儲けをしてくれそう」という期待感を投資家に与えてくれます。


ってなわけで、今は投資家に対して業績予想すら示していないKADOKAWA・DWANGOではありますが、何かしらのサプライズを与えてくれるのではないか?と、期待しております。



【3197】すかいらーくのような、「のれん」を償却しないことで目先の高収益を演出し、少しでも高い値段で株を売り抜けようとした糞銘柄(投資家からは見透かされていますが)とは異なり、KADOKAWAは目先減益になる、ということを正直に業績予測の中に記載しております。

DWANGOが増益予測でKADOKAWAが減益予測だと、KADOKAWAの株主は統合比率で損をすることになりますが、それでもKADOKAWAは敢えて損をしてでも不利な統合比率でDWANGOとの経営統合を選択しました。


なので・・・統合後の新会社に対し、何の根拠もありませんが、ただ期待、期待♪

【8281】ゼビオ、安値更新中

アルペンと争うスポーツ用品店の2強の1社、【8281】ゼビオが安値更新中です。

2012年11月の、野田元総理による解散宣言の頃の株価に近づいてきましたので、現在の業績は冴えないとはいえ、やや下げすぎている感じがします。

ここ数年の最安値は約1,300円であり、それと比較するとまだ15%の下落余地はありますが、それでも今の株価は底値圏ではないか?と、予想しています。

(業界全体の株価が下降傾向のため、東京オリンピック決定時の株価上昇のツケが今頃回ってきたとも考えらえると思っています)


もちろん、僕の予想は、短期的にははずれのほうが圧倒的に多いのですが・・・


ちなみに、ゼビオは株価指標的にはまだまだ魅力は感じられません。

配当利回りは2%台前半、株主優待は(同業他社とは異なり)割引券、PERは10倍以上と、割安感は感じられません。しかも、今期は上期に業績の下方修正を行いました。

そのため、割安感で買うような会社ではありません。さらに、消費の二極化が進む中、ゼビオは必ずしも勝ち組消費者を相手に出来ているという状況でもない中、下期の状況によっては再度の業績下方修正が発生することも否定できません。

ただ、秋がほとんどなかった昨年と比較すると、今年は秋らしい気候が続いていますので、そういう意味では昨年よりかは状況がマシかも知れません。



それと・・・ゼビオは福島の会社です(福島県郡山市に本社があります)

原発事故以降、苦境に陥ったり風評被害に悩まされている福島の会社が少なくない中、福島の会社の株を購入することで、福島に雇用機会を提供している会社を間接的に支えるというのは、サラリーマンが出来る数少ない復興支援だと考えております。

特に、こうやって株価がダダ下がりの状況で買い支えるというのは、何よりの復興支援ではないか?と、僕は勝手に思っています。


福島にお金を送っても、僕と同じサラリーマンの支援に回るとは思えません。むしろ、現に仕事をしていない人の支援に回される可能性が高いと思っています。

それゆえ、僕のような現役世代が、今行うべき支援というのは、お金を送ったりボランティア活動をしたりすることではなく、福島で生み出された商品やサービスに対しお金をはらうことで、働いている人たちの生活の糧が得られるようにすること、それと、福島で良質な雇用を生み出している上場企業の株式を購入し、資本の面からも支えること・・・ではないかと考えます。


福島から良質の雇用が消えてしまうと、福島の復興は永遠になくなってしまいますので・・・

助かった♪

今日も株価が爆下げ。

ところが、泣きそうな気持ちでGMOクリック証券のページを開くと、思ったほど損失が膨らんでいませんでした。


原因は、これ。



うぉぉ、助かった♪

GMOグループの株を購入し、キャッシュバック分をはるかに上回る手数料やらスプレッドやらをGMOクリック証券に払い続けた甲斐がありました。


GMOクリック証券、本当にありがとうです♪

GMOリサーチは初値がすっ飛んでしまったため、一度は売却しますが、またいつか買い戻しします!

本家『曲がり屋』襲名かも・・・へたくそ株売買。

金曜日に購入した、【9468】KADOKAWA・DWANGO。


今日はどの銘柄も爆上げしているにもかかわらず、KADOKAWA・DWANGOは今日も安値更新中。

一体、どれだけ売買が下手なのでしょう?

我ながら、情けない・・・


この人が買い推奨すれば下がる、売り推奨すれば騰がる、元祖曲がり屋といえば、北浜流一郎。

この人が買えば下がる、売れば騰がる、真の曲がり屋といえば、さわかみ投信の草刈貴弘。

(さわかみファンドに関しては、岡さんが退社された時点で全撤退が正解だったようです・・・)


そして・・・僕。

最近、なぜここまでことごとく外すのか・・・


(1)ちょっと儲かったから買い戻してしまった、ジャパンディスプレイの信用売り(今まで持ち続けていれば・・・)

(2)上場ゴール銘柄を掴まされた、ANAP、ホットマン。

(3)売ったあと、爆上げ、ゲンキー、ライドオン・エクスプレス。

(4)騰がる気配なしの、アコーディア・ゴルフ・トラスト。

そして、この地合いでも爆下げ、(5)KADOKAWA・DWANO、ナフコ、ポバール興業。


う~ん、つまらない株ブログ書くくらいなら、「南浜流二郎 曲がり屋ブログ」書いたほうがよさそうですね。

このブログに「買った」と書いてあれば売り、「売った」と書いてあれば買い。

もしかすると、変な意味で人気ブログになるかも。


ってなわけで、これからも曲がり屋ブログには(別の意味で)期待してくださいね!

阪神、日本シリーズ出場♪

僕の持論。


阪神が優勝すると、株価が騰がる。

(目先ではなく、中長期の話です)


結果論ではありますが、平成17年はともかく、昭和60年と平成15年は、その後の株価の動きを見ていただくと一目瞭然だと思います。


もちろん、平成15年の場合、りそな銀行救済が株価反転の転機であり、阪神優勝の前ではありますが、結果的に阪神が優勝した年が底であり、それ以降、数年間株価が上昇しています。


ってなわけで、今回もあと数年間は株価上昇が継続すると期待して、月曜朝は全力買いします♪


ちなみに、先週購入(買い増し)して、傷口を広げた銘柄たち。


【9468】KADOKAWA・DOWANGO

【7215】ファルテック

【5698】エンビプロ・ホールディングス

【6098】リクルートホールディングス(→この銘柄だけは、奇跡的に上昇してくれました)


来週こそ騰がってくれると期待しているのですが、もし、これらの銘柄が再び下がるようなら、笑ってやってください。

アメックスのスターウッドプリファードゲストカード

浪費。

本当に浪費って楽しいですね♪

そんなわけで、今回浪費をして手に入れたもの。






年会費が消費税抜きで31,000円。

僕の収入を考えたら、誰がどう見たって、収入に見合っていない浪費だと言うでしょうね・・・


マカオのシェラトンのあの部屋が忘れられず、またいつか泊まってみたい・・・

この一心が、僕を浪費に駆り立てました。


頑張ってお金をいっぱい稼いで、またいつかあんな素敵な部屋に泊まるのです♪



ちなみに、このカードを持つメリット。

(1)毎月カードを利用していればspgのポイントが加算され続けるため、ホテルを利用しなくてもspgのポイントが消滅することはない。

  →昔、1年間変動なしだとポイント消滅というルールを知らずに1回消滅させたことがありました。

(2)年1回、spgの無料宿泊券がもらえる。

  →年会費以上の宿泊費がかかるホテルも宿泊券の利用対象となっていますが、予約の入りやすさは不明です。

(3)アメックスならではの、海外旅行時のサービスや保険が充実。

  →帰国時の手荷物宅配1個無料は魅力ですね。


くらいでしょうか。

これらのメリットの対価として、年に33,480円払う価値があるかどうかは、皆さんがご判断ください。


あとは・・・

僕がこのカードを持つにふさわしい人間になることが重要なのですが、そうなれるかどうか・・・

に、懸かっていますね。


頑張ろう・・・

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる