スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2404】鉄人化計画の株主優待

鉄人化計画の株主優待の金券。

使い途がな~い!と、お考えの方。


カラオケの鉄人って、首都圏にしかありませんので・・・

地方在住者には辛い優待です。


しかしながら、どうやら、こんな使い方もできるようです。

からふね屋が近くにある人(特に関西の人)は、ご参考までに。



株主優待券と同じコーヒーを、株主優待券で購入可能のようです。

スポンサーサイト

【7550】ゼンショー、カラ売りしたい衝動・・・

飲食店のリニューアル工事。

通常は数日、長くても1週間で行われます。


なのに、すき家。

1ヶ月も「パワーアップ工事」のため閉店って、一体どんなすごい工事をやるのでしょう。

什器を一掃し、水回りや排気工事をやり直したとしても、1ヶ月はかからないはずです。

さらに不思議なことに、現状、工事をしている気配がありません。







店を閉めていても、家賃等の様々な経費は発生します。

また、長期間店を閉めてしまうと、店で働いていたアルバイトが逃げてしまいます。過去に、吉野家が狂牛病騒動の時にベテランアルバイトを切ってしまったために、その後長期低迷に陥ったのは記憶に新しいところです。

(飲食店のアルバイト採用難が叫ばれる中、一度切ったアルバイトが簡単に戻ってくるというのは考えにくいです)


そのため、よほど不採算店舗でない限り、工事が始まらないのであれば営業を行い、日銭を稼いだ方が良いと思うのですが、何か店を開けられない事情でもあるのでしょうか。


野田阪神のすき家は普通に営業していましたので、儲からないお店を閉め、閉めた店のアルバイトを、人手不足となっている別の儲かっている店舗に回しているのかも知れません。

4月になれば、新卒社員が入ってきたり、アルバイトの採用も進むでしょうから、とりあえず1ヶ月間閉めてしまえ、ということなのかも知れません。


しかしながら、ネット上でここまで「人手不足閉店」が喧伝されている以上、すき家で働きたいというアルバイトは少ないでしょうから、もしかするとこのまま閉店してしまう店舗があるのかも知れません。


ワタミも、人手不足で1割程度の店舗を閉店する、という発表をしていましたが、こっちのほうは逆に、単なる不採算店舗の閉店なのかも知れません。

家賃も下がり傾向で、アルバイトもいくらでも雇える環境だった頃、多少無理して出店した店舗の中には、不採算となった店舗があったり、はたまた競合出店により不振となった店舗が少なくなかったのでしょう。



というわけで、ゼンショーホールディングスをカラ売りしたい衝動にかられています。

同業者を買収しまくっていたり、ゼンショーには「はま寿司」など「すき家」以外の業態も存在しますので、すき家の何店舗かが何らかの事情で閉店したとしても、業績的にそんなに大きな影響はないはずです。


しかしながら、同業者と3月度の業績比較が行われる、新年度入り。

ゼンショー(すき家)の数字は、同業他社と比較して悪い数値が出ているでしょうから、株価は右下がりなのではないか?と、僕は個人的に予想しています。


ただし、外食産業の場合、下手にカラ売りすると、「株主優待の一層の充実発表」で殺されてしまう場合もありますので、くれぐれもカラ売りはほどほどに・・・



イオンで買い物♪

イオンで買い物♪

なんだか最近、やたらとイオンで買い物しているような気が・・・

(今週末も、イオン大日に遠征です)


そんでもって、増税前の買いだめセールということで、お酒が山積み。

でも、お酒なんて買いだめしたら、飲酒量が増えるだけで、まったく意味がないんじゃないでしょうか?

おむつやティッシュペーパーなどの生活必需品であればともかく、嗜好品のまとめ買いは、消費増大を誘発するだけのような気がします。


そりゃコンビニで買えば何割も高くなりますが、別にイオンで買うのであれば、4月になっても数%しか変わらないのですから、お酒なんて当用買いでいいのでは?





それと、タバコ。

これこそ、当用買いで良いものの典型だと思いますが・・・




タバコなんて買いだめしていると、吸う本数が増えるだけなのでは?


ってなわけで、僕は増税前の買いだめをしません!

と言うとカッコいいのですが、実は部屋が狭いので、買いだめしたものを保管するスペースがないというのが本音だったりします(涙)。


ちなみに今週末のイオン。

お客様感謝デー5%引き+50人に1人買い物金額全額キャッシュバック(還元率は2%です)+ワオン3万円チャージで900ポイントプレゼント。

こんな値引きセールばかりやっていて、利益のほうは大丈夫なのでしょうか?


値引き→仕入れを叩く→商品の製造業者が儲からない→業者は賃金が上げられない→アベノミクス失敗→民主党政権再来でも狙っているのでしょうか?

(イオンの会長と民主党幹事長は兄弟です)


でも・・・さすがに公約をことごとく破り、内紛に明け暮れていた民主党に、再び期待などできないと思うのですが。

【2131】アコーディア・ゴルフ、高配当は早くも中止?

【2131】アコーディア・ゴルフ。

PGMホールディングスに狙われたり、村上ファンド残党に狙われたりと、災難続きの会社。


このアコーディア・ゴルフの、2014年3月28日の発表。

いろいろややこしいことが書いてあるのですが、最後の方に、重要な内容が。


今までの配当方針を見直す。

(PGMからの買収防衛策として導入した、当期純利益の90%を配当するという方針の撤回


そりゃ、株価が下がるわけです。

この会社の株価の、最大の拠り所は、高い配当でした。

しかしながら、高い配当という前提が崩れてしまうと、株価はそれに応じたものになってしまいます。


アコーディア・ゴルフの株価が1,300円と仮定しますと、前期の56円配は、配当利回りがだいたい4.3%になります(税金は考慮していません)。それが、新しい配当方針だと配当金は従来の半分になりますので、配当利回りは2.1%程度となり、魅力のある配当利回りとはいえません。



28日、期末の権利落ちとは無関係に株価が大きく下がった理由って、これなんですね。

一応、1株1,400円で自己株の公開買い付けを行う、と書いてありますが、買い付けを行う株数は、発行済み株式数の約30%。これにも、あまり大きな期待は出来ません。


高配当に釣られて買った、アコーディア・ゴルフの株。

どうしたら良いのでしょう?


【2406】アルテサロンホールディングスの優待、早速の旅立ち

美容院経営企業、【2406】アルテサロンホールディングスの配当と優待が届きました。


優待は、

Aコース 株主優待券3,000円分

Bコース シャンプー、トリートメント等のセット

Cコース 横浜元町近沢レース店 インテリアレース商品


いずれも、持っている株数に応じ、もらえる商品は決められています。

(自分で欲しい商品を選択することはできません)






それにしても、僕がいただいても、使い途のないものばかり・・・


なので、今年も誰かにあげることにしました。

(アルテサロンは結構長い間持っている株ですが、優待品を使ったことが一度もないという・・・)


ところで、美容室ですが、一時期のカラーブームが下火になり、売上を落としているところが少なくないようです。

女性の流行というのは、何がどう転ぶのか、本当にわからないものですが、場合によっては業界そのものがなくなってしまうような勢いを持ってしまうような流行もある、というのは怖いところです。

(かつての生足ブームで、ストッキング業界が窮地に陥ったりとか・・・)



料金の二極化が進んでいるように見える、美容業界。

若年層の所得低下が叫ばれている割には、美容室ってどんどんオシャレになっている(=その分は料金に反映されている?)ような気がします。

喫茶店かと思ったら、美容室だった・・・なんて、過去に何度あったことか・・・。

美容室の収益構造が気になるなぁ・・・


春の夜の夢

いい夢をありがとう。

GMOクリック証券殿。

多分、明日は評価損益がマイナスになっていることでしょう。

(去年、必要以上に利益確定しすぎ?)


ところで、26日は権利確定日でした。

計算間違えてなければ、優待取得銘柄は多分66銘柄です。

(明らかにどうでもいい優待は省いています)


ちなみに、株主優待があるのかないのかわからない会社、【6425】ユニバーサルエンターテインメント。果たして優待は存在するのでしょうか?(初の権利確定です)

でもこの会社、海外のカジノ事業に金を突っ込んでいるのですが、実態が良くわからないんですよね。

こんな会社の株、買って大丈夫かな?


株主総会の会場変更、前代未聞の理由でした

12月決算の会社は今、株主総会ラッシュです。

そのうちの1社、【2189】ザ・レジェンド・ホテルズ&トラスト社。

この会社から、意外な通知が届きました。


『第8回定時株主総会招集ご通知の修正(会場変更)について』


会場変更そのものは、有り得ない話ではないのですが・・・

その理由が・・・驚き。


『会場側より貸すことが出来ない旨の連絡があったことによるものです。』



東日本大震災の後、諸般の事情で株主総会が当初の予定通り開けなくなった会社というのはありましたが、会場から使用を断られたので、会場変更って前代未聞のような気がします。

本当に前代未聞かどうかはわかりませんが、少なくとも開催3日前にこんな通知を発送するというのは、前代未聞ではないかと思います。


何故、会場の使用を断られたのかはわかりません。

が・・・誰かが株主総会で断られた理由の説明を求めるのでしょうね。

僕は株主総会には出席できませんが、理由を聞かれた方がいらっしゃれば、是非とも教えていただきたいです。


ただし・・・変更後の会場が「ザ・リッツ・カールトン東京」。

なんでこんな豪華な会場で株主総会を開催できるような会社が、ミッドタウンの別の場所での開催を断られたのかが良くわかりません。

ほんと、何故なのでしょう?

オンワードで買い物♪

オンワードの在庫処分セールがあり、地下鉄朝潮橋まで行ってきました。

招待状がないと入れないらしいのですが、かなり広範囲に招待状をばらまいているようで、まぁ、すごい人!

この光景を見る限り、日本が不景気だなんて、絶対にウソです。本当にウソだったら、在庫処分セールであってもファストファッションのウン倍もするようなオンワードグループの服が飛ぶように売れるわけがありません。



なんとまぁ、並び始めてからレジを通過するまでに25分。

人混みで、疲れました・・・


ちなみに、女物がメインですが(当然!)、男物もそれなりに揃っていて、買いたいと思えるような服から、「こんな服、絶対に売れないだろう」と思えるような服まで、いろいろでした。


ただ・・・

「この服、会社員は着ないだろう・・・」と思えるような服もあったのには驚きました。

これは・・・どちらかといえば接客を伴う飲食店従業員(平たく言えば、水商売の男性)をイメージするような服も少なからずありました。


あ・・・僕ですか?

服にはとことん無頓着です。



さてさて、このイベントの売上を推定してみます。

クレジットカード支払で、1分間にレジを通過するのが20組。

1日のイベント開催時間は8時間。ただし、最初の30分間は売上ゼロ。→1日の客数は9000人。


客単価の推定が非常に難しいのですが、1万円も買っていない人から、10万円以上は買っているだろうという人まで千差万別。

そこで、仮に客単価を2万円と仮定すると、1日の売上は1億8000万円。

6日開催で、トータルの売上は10億8千万円。

(ただし、初日は平日の木曜日でしたので、客数は少ない反面、初日狙いの人の客単価は高いでしょうから、そのあたりは他の休日と同じで考えます)


短期間で、プロパーの売れ残り商品を10億円分も売り捌く、ものすごいイベントです。

でも、こんなイベントをやっていたら、お店で買う人はいなくなる・・・?ですか?

そんな心配はご無用です。


お金持ちで、本当に気に入ったモノを買う人は、こんな場所で25分の行列に耐えてまで服を買いません。

デパートのゆったりした空間で、本当に気に入ったモノを買えば良いのです。

僕のような、店頭では3万円で売っていたオンワードの服が、ここなら1万5千円で買える!などと考える人間が行く場所です。

ただ、デパートから返品された商品等もあるのでしょうが、そもそもこんな商品が売れるわけない!と思えるような、過剰在庫と思える商品も少なからずありますので、過剰な期待は禁物です。

それと、商品の補充は行っているようですので、早く行ったから良い、というものでもなさそうです。



それにしても・・・

アパレル関係の仕事をして、服装とかももっときちんとしていたならば、もっと別の人生歩めたのかも知れませんね。女性の多い職場でもありますし・・・働いてる男性の見た目も全然違いますし。


イオンで買い物♪

イオンで買い物♪

でも、いつものイオン野田阪神店ではありません。


クルマも持っていないのに、大日まで遠征。



3連休初日とあってか、結構な人出でした。

(といいつつ、2日連続でイオンに買い物に行くという、イオンの奴隷モードです)


それにしても、相変わらずの安売り。

21日も「今こそ値下げの5日間」と、「お客様感謝デー5%OFF」が重複する日であったため、消費者としてはうれしいものの、こんな値引きばかりやっていて、きちんと利益は確保できるのでしょうか?

(前期は、利益予想を下回ったという発表があったばかりです)


ちなみに、イオン大日の専門店街には、「今月のお客様感謝デーは5日」なんて書いてありましたが、もしかすると28日、29日もお客様感謝デーをやる気なのかもしれません。

(さすがに31日は消費税対応もあり、やらないのでしょうが・・・)


イオンは、儲けるのは金融事業と不動産事業と割り切り、スーパーマーケット事業は金融事業と不動産事業に客を集めるための集客装置と割り切っているのかも知れませんね。

こんな値下げばかりやっているようでは・・・


ちなみに、この周辺はマイカル(サティ)も手中にしたイオンが自社競合も厭わず出店し、もはや他社がつけ入る隙もないくらいの状況にしてしまっている気がします。

茨木(2店舗!)、高槻、寝屋川、鶴見、鴻池新田、東大阪・・・


大阪都心部には、似たような商業施設が溢れていますし、大阪市の外側やその衛星都市にはイオンが溢れてます。こんなオーバーストア状態が続いていて価格競争ばかりやっていて、勝者ははたして存在するのでしょうか?


日経ビジネス・「街作り失敗の研究」の研究

日経ビジネス2014年3月17日号に、こんな特集がありました。


巨大廃墟モールピエリ守山に見る 街作り失敗の研究


おそらく、ピエリのことをよく知らないライターが、下調べもせずに書いた文章なのでしょう。あまりにも間違いや勘違いが多すぎます。


間違い1:2008年9月 約200店舗のテナントが営業するピエリ守山オープン


そもそも、ピエリ守山に200店舗のお店があったことはありません。

ATMも1金融機関につき1店舗として数えたとしても、最大時でも約185店舗しかありませんでした。

それに、看板はあったものの営業実績がないお店(たとえば、レストラン街にあった「おはち」など)もあったり、開店から数か月で閉鎖した店舗があったり等、開業時から既に怪しい雰囲気でした。

少し調べればこんなことくらい容易にわかるはずですが・・・日経ビジネスも、質が落ちましたね(もとから質が高くない雑誌なのかもしれませんが)


間違い2:「イオンが出てきたから」テナントが減少した


ピエリ守山失敗の原因はいろいろありますが、イオンモール草津よりも影響が大きかったのは、三井アウトレットパーク滋賀竜王です。

もともと、ピエリ守山の建つ場所には、当初アウトレットモールが計画されていました。

しかしながらその後、滋賀県竜王町の名神高速竜王インターのすぐ近くに三井アウトレットパークの計画が持ち上がり、アウトレットモールの計画が流れたのがケチの付き始めだと記憶しています。

(三井不動産と大和システムのアウトレットパークが同一商圏にあれば、テナントがどちらに出店するかなど、考えるまでもないでしょう)

この時点で、商業施設の規模の見直しを行っていれば、まだ何とかなったのかも知れませんが、結果的に大和システムは突っ走ってしまったようですね。


そりゃ、イオンモール草津の影響もありますが、影響度としては、地理的にもピエリ守山に近く、ピエリ守山と同時期に増床を行った「草津エイスクエア」のほうが大きかったと思います。周辺人口の多い場所に立地している地域最大のホームセンターもあるショッピングセンターで、平日でもそれなりの集客があります。この増床がなければ、ピエリ守山ももうちょっとまともなテナントが多く入ったのかもしれませんが・・・
東京のライターには草津エイスクエアなど存在すら知らないのでしょうが、地元では知られた存在のショッピングセンターです。


間違い3:「200億円の投資」

大雑把な推定ではありますが、建物そのものが安普請で、館内配置にしろ、駐車場にしろ、利用客もテナントも無視した、とにかく安くあげる建築設計になっていたと思います。

とてもじゃありませんが、200億円を投資したとは思えません。

おそらく、土地50億、上物50億、計100億程度の投資ではないでしょうか?


以前から指摘されていた、安普請建築。

「屋内駐車場がない、屋根付き屋外通路がない」
「駐車場のカーブが鋭角すぎる」

「2階が暑い(天井の構造に問題あり?)」


そりゃ、100億で作ったものが200億で売れ、その後も管理収入が入るとなると、こんな美味しいビジネスはありません。ただ、リーマンショック襲来という不運もあり、売却計画は頓挫し、さらに大和システムの倒産にまで至ってしまいましたが・・・



とにかく、日経ビジネスのいい加減さには呆れるばかり。

日経ビジネスに限らず、日本経済新聞社が記事として伝える内容にはもともと偏りがありますが、こうした偏りに騙されていては、お金がいくらあっても足りません。

皆さんも、気を付けましょう。

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。