スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のフレンチ・イタリアンに行ってきました

今年最後のブログです。

みなさん、今年1年、ありがとうございました。


さてさて大阪に開店以来、一度は行ってみたいと思っていた、俺のフレンチ・イタリアン(大阪のお店は、俺のフレンチでもなく、俺のイタリアンでもなく、俺のフレンチ・イタリアンが正式名称のようです)。

ついに、行ってまいりました。


どう表現すれば良いのでしょう?

回転寿司「あきんどスシロー」のフレンチ・イタリアバージョンといったところでしょうか?

食材原価にお金をかけ、食材の店内加工にかかる人件費にも目をつぶり、それ以外の部分は極力ケチるという経営方針が伺えました(失礼な言い方かも知れませんが、素人目にも人件費は削ろうと思えばもっと削ることは可能だと思えます)。


そもそも食材原価率が50%を超え、なおかつきちんと採算が合っている外食産業としては、回転寿司業界であきんどスシローが実践していますので、俺のフレンチ・イタリアンが特別目新しいというわけではありません。それでも外食不況が叫ばれる中、お店の雰囲気やサービスを犠牲にして、ただひたすら食材原価率を高める商売に未来はあるのか?というのがどうしても気になり、行ってみた次第です。


ちなみに、厨房がガラス張りで、料理人がズラリと並んで必死こいて調理をされていました。

まるで『俺たちは、ファミレスや居酒屋みたいに冷凍食品をレンジでチンなんかしてないぞ!この値段でもきちんと料理をしているんだ!』と主張しているかのようでした。

まぁ・・・セントラルキッチンで調理するよりも、お店で調理をした方が食材の廃棄ロスは断然削減できますので、一見儲からないようにみえて実は儲かる的なビジネスモデル、良く考えられているなと思います。

さすが、ブックオフ創業者ならではの発想です。


オマールエビのロースト(\1,480+tax)

この大きな海老1匹を丸々提供してくれて、1,554円ですか・・・安すぎ。

柔らかくてぷりぷりで、とっても美味しい♪


ロッシーニ(\1,280+tax)

デカい!!

お肉が柔らかくておいしい上、甘いソースがこれまた絶妙・・・




ずわい蟹。




ガランティーヌ




とはいえ、儲ける仕組みというのもきっちり考えています。

(1)低価格飲食店で普及しつつある、客自身がタッチパネルを操作するタイプのオーダー方式は採用していません。

そのため、店員の数(特にホール)がお店の規模と比較してかなり多いように感じるのですが、人件費を削って利益を出すのではなく、人件費も増やして注文をどんどん取り、コスト以上に売上を増やすという経営方針が伺えます。ちなみに、ドリンクメニューは安いわけではないので、ドリンクで利益を取っているような気がします。

(2)他店と比較すると、出された料理1品の値段は抜群に安いため、お客さんがお得感を感じることになり、結果的に注文が多くなります。おそらく、普通の居酒屋並の客単価は確保していると思われます。

(お得感を感じるかどうかは客が判断することであり、お店が押しつけるものではありません。これを勘違いしているのがマクドナルド前社長の谷村有美のダンナであり、マクドナルドは今、お客さんを大きく減らしていますよね)

(3)立ち食い席の場合、お客さんの滞在時間は1時間前後の人が多いようなので、フルにお店が回転すれば、1日に1つのテーブルを6組程度が利用することになります。回転寿司と同じく、お客さんの回転が速い分、食材原価でお客さんに還元して、それを次の集客につなげようという姿勢が見て取れます。

ちなみに、身につけている服装や持ち物、買い物袋等から判断すると、そんなに節約をする必要のないと思われる人が、「俺のフレンチ・イタリアン」に押しかけています。

お金がないから外食をケチるのではなく、外食をしたくないから外食しない。何故、既存の外食産業は顧客から愛されなくなったのか?この部分を、外食産業の経営者はきっちりと考えて欲しいなぁ・・・と思うのであります。


改めて、今年一年ご愛読ありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

スポンサーサイト

【3174】ハピネス・アンド・ディ、糞決算は想定内?

主にイオンモールにブランドショップを出店している、【3174】ハピネス・アンド・ディ。

平成26年8月期1Q決算は、予想通りの糞決算(赤字決算)で、株価も下げています。


ただし、8月決算のブランドショップだと、業績が最も良くなるのが12月がある2Q、次いで3月・4月がある3Qとなりますので、9月~11月はもともと赤字になる前提で予算を組んでいるのでしょう。決算短信にも、その旨の記載があります。

(逆に、12月の最繁忙期に合わせて先行費用を発生させていますので、敢えて戦略的に赤字にしているとも考えられます)


ただし、新店舗が2店舗しか増えていないのに、商品在庫が昨年末の1.5倍になっているって、いくら何でも商品を抱えすぎなのではないのでしょうか?

もちろん、円安効果により輸入商品1品あたりの値段が上がってしまったため、必然的に商品在庫の評価額も上がってしまう、といったことはあるのかも知れません。

ただ、何故こんなに商品在庫が増えてしまったのか、については、確認の必要がありそうです。一応会社側は、12月商戦に向けた商品確保という名目にはしていますが、昨年売れなかった不良在庫をきちんと処理していない結果としての商品在庫増加だと、怖い結果が待っています。

【3331】某雑貨屋ブルドッグの二の舞にならないためにも・・・。

果たして、実際のところどうなのでしょうね?



ところで、最近上場した【3189】ANAP。同じように、主にイオンモールで衣料品を販売している店舗です。

上場時期の違いというだけで、ここまで評価が違うものなのか?と、僕は不思議でなりません。

衣料品の物販業で、減益予算を組んでいて(=前期の為替差益の影響が大きかった?)、なおかつ配当も優待もないような会社の株がPER25倍だなんて、割高だと思っていますので・・・


それから考えると、2Q決算はまともに戻るハピネス・アンド・ディの場合、今のPER10倍を切る株価、そして優待と配当を考えたら割安なのでは?と勝手に考え、なんと僕は買い増しの暴挙に出てしまいました。果たして、吉と出るか、凶と出るか?


ところで、今年はアベノミクス効果が絶大で、持ち株が大きく騰がってくれました。

こんな嬉しいこと、8年ぶり!

来年も、良い年になるといいですね!ってなわけで、皆さんもよいお年を。

イオンとコーナンで買い物♪

今日は、イオンのお客様感謝デー+waonポイント5倍デーということで、イオンへ買い物へ♪

衣料品と食料品を購入。すると、食料品購入後のレジクーポンで、

「どん兵衛 2個購入で30円引き」が出てきました。

そんなわけで、買い忘れていた食材とともに、どん兵衛を追加購入。




・・・待てよ?

今日は、どん兵衛が98円なのにお客様感謝デーで5円引きになり、さらにレジクーポンで15円引きになり、その上さらにwaonのボーナスポイントが15ポイント付き、もう一つ上乗せでwaonポイント5倍デー。

もう一声、5,000円以上買い物した人は、1月4日と5日の抽選会で当たれば(当たる確率は2%のようです)、全額ギフトカード還元(→還元率の期待値は買い物金額の2%になります)。


ということは、理想的な買い物をした場合、どん兵衛の値段はこうなります。

特売価格 98円。

お客様感謝デー -5円。

レジクーポン -15円。

ワオンボーナスポイント -15円。

ワオンポイント5倍(会計が200円の倍数となった場合) -1円95銭。

抽選会の期待値(当選確率2%) -1円56銭。


つまり・・・

どん兵衛1個の実質的な値段は、約60円になってしまうのです。

こんなにどん兵衛が安かったことって・・・おそらく初めて。。。


そんでもって、どん兵衛の安さに釣られて別の食材までイオンで買い足しし、挙げ句の果ては支払金額399円(涙)。ちなみに、ワオンポイント5倍デーの日だと、一回の支払金額が397円~399円の間だと、会計が400円の場合よりも損になります。



それにしても・・・

株の話だと10万円とか100万円の損得の話を平気で行い、少なくとも100円単位の損得など全く気にならないのに、イオンで買い物するときは何故1円の損得が気になってしまうのか・・・我ながら不思議で仕方ありません。

ほんと、何故なのでしょうね?



そのあと、コーナンへ。

コーナンで、ゴミ箱を購入しようとすると、店頭に並んでいたゴミ箱は見事に欠陥品だらけでした。



ゴミ箱の蓋が閉まらないって、何これ?(ちなみにメーカー品ではなく、コーナンのプライベートブランド商品です)

見た感じ、蓋のプラスチック成形が悪く(=蓋がチャチ)、蓋と本体とがどこかで接触して閉まらなくなっている様子でした。それが1個だけでなく、どれもこれも蓋が軒並み歪んでいる・・・

こんなこと、輸入時の抜き取り検査でわかるはずなのに、何故こんなものを店頭に並べているのでしょう?


おそらく、コーナンの前社長が、愛人が経営する会社からプライベートブランドを購入しまくった結果が、これなのでしょう。

普通に考えれば、こんな商品を売っていたらクレームだらけで、コーナンの信用そのものを落としてしまいかねません。でも・・・前社長にとっては、お客様よりも愛人のほうが大事だったのでしょう。

これでは、コーナンの業績も伸びるわけもなく、株価も騰がるわけがありません。


この先、コーナンは前社長が築き上げた不良在庫の山を、何らかの形で廃棄しなければならなくなるでしょう。こんな不良品が、店舗や倉庫などにどれだけ眠っているのか、見当もつきません。

今のコーナンの株価は、株価指標的には異常に割安です。

でも・・・貸借対照表に記載されている製品在庫の中には、こうした不良在庫が数多く眠っていると思われます。


こうした不良品を、前社長に購入させ、代金を現金で受け取る代わりに前社長が持つコーナン株式を受け取り、それを消却する・・・なんてことが出来ればいいのですが、現社長(前社長の子息です)がそんなことを出来るとは到底思えず・・・。


ちなみにコーナンはホームセンター業界において、特に大阪で圧倒的な力を持っています。

前社長の影響力を排除した上で、大阪地区の店舗が欲しい同業他社と経営統合することが出来れば・・・

見違えるくらい素晴らしい会社になり、株価も大きく騰がってくれるでしょうけどね・・・(夢物語)。


同業の上場企業で考えた場合、DCMは関西地区が強いとはいえませんので、関西地区をコーナンで補強すればそれこそホームセンター業界で圧倒的なガリバー企業になれます。

また、ナフコやケーヨーだと地域的な補完関係が完成して、これまた強い会社になることができるでしょう。


こんな夢をみつつ、アベノミクスに全然乗れないコーナン株、出遅れ銘柄としてホールドし続けようと思っています。

win-win?

Yahoo!公金支払いのふるさと納税サイトには、「ふるさとチョイス」というサイトへのリンクが貼られています。


この、ふるさとチョイスというサイトのすごいところ。

「ふるさと納税、ワンストップ」を謳いながら、ワンストップになっていないところです。


というのも、このサイトを主催する須永女史は、とても頭のいい女性だと思うのです。

おそらく、ふるさとチョイスというサイトで、仮に納税が完結するとしても、多くの人には信用してもらえないでしょう。納税者の多くは、『なんだかこんな胡散臭いサイトで決済手続きして、本当に大丈夫なのだろうか?』と思うに違いありません。

そこで、ふるさと納税のクレジットカード決済を自社サイトから切り離し、Yahoo!公金支払いサイトに誘導することで、結果的に信用度を増しています。


本来であれば、自社ですべて完結した方が、利益は上がります。

しかしながら、現実問題として・・・


①Yahoo!のふるさと納税サイトからリンクを張ってもらえれば、サイトが納税者から信用されやすい

②支払手続をYahoo!で行うことで、納税者から信用されやすい


要するに、自社で本当の意味でワンストップで完結すれば、1件あたりの利益は出しやすいのですが、利用者数が伸び悩むことは目に見えています。

他方、Yahoo!からリンクを張ってもらい、Yahoo!で支払手続を行うことで、1件あたりの利益は減りますが、利用者数は(自社完結と比較すると)比べものにならないくらい伸びると思われます。


結果的に、『ふるさとチョイス』を運営する会社は、ふるさと納税を伸ばしたい地方自治体からの広告宣伝費やECサイト構築費を増やすことができ、売上と利益を大幅に伸ばすことが出来たと思われます。



Yahoo!にとっては、公金支払いの利用が増えることで、決済件数と決済手数料を増やすことが出来る。

他方、『ふるさとチョイス』運営会社としては、Yahoo!に信用補完してもうらうことで、サイト閲覧者と利用者を増やすことが出来るとともに、地方自治体からの広告宣伝費やECサイト構築・運営費用を増やすことができる・・・

という、win-winの関係を築き上げているように伺えます。


世の中、win-winという言葉は良く聞きますが、実際のところ、両者がwinになっている場合というのは非常に少ないように思います。他方、今回の場合・・・真の意味でwin-winなのでは・・・と思えてなりません。

もちろん、須永女史は素晴らしいビジネススキルを持った人なのでしょうが、スキルを持っているだけではダメであり、行動して実現させたという意味で素晴らしい人なのだろうと思っています。


すべてを自社で囲い込むには現実問題として無理があり、どの部分で自社の特性を発揮する代わりに、別の部分では他社のインフラを利用する・・・

こうした棲み分けをきっちり考えることが出来る会社こそ、伸びるのでしょうね。。。


逆に、某楽天のように、なんでもかんでも自社で・・・などという会社は、どこかで無理が顕在化するように思えてなりません。一体、電子書籍はいつまで先行投資を続ける気なのでしょう?

【6082】ライドオン・エクスプレス(銀のさら)

今日は、仕事納め。

というわけで、会社でちょっとした納会。


出てきたのが、「銀のさら」のお寿司。

(写真を撮るのをわすれておりました、すみません)


お寿司が50個入っていて、ホームページを見ると値段が5,930円。

・・・割高ですね。

お寿司1個の値段が約118円。


おそらくは、配送にかかるコストが非常に高いため、結果的にお寿司の値段は高くなってしまうのでしょうが、コストパフォーマンスだけで考えた場合、回転寿司には太刀打ちできません。

ただ、回転寿司とは異なり、表通りに広い店舗を構える必要もない上、廃棄ロスはほぼ発生しませんので、低収益に喘いでいる回転寿司と比較すれば、収益は出しやすいのかも知れません。


つまり・・・

お寿司代が高くてもいいから、買いに行く手間を省きたい・・・

という、言ってみればお金持ちが利用する宅配寿司、と考えれば良いのかも知れません。

ピザの宅配と同じです。

(僕のような小市民には、ピザの宅配なんて高すぎて利用出来ません・・・)



そんなわけで・・・

何故、こんな会社が『東証マザーズ』上場なのでしょう?

こんなありふれた業態の会社、敢えてマザーズに上場する必要もないと思うのですが・・・


そのため、株価にもマザーズプレミアムが付いてしまっていますが、会社四季報によれば、来期は今期の新店が少ないため、営業利益は漸増程度にしかならないと記されています。

従って、既に成長期は終えてしまった訳であり、マザーズを何故選んだのか疑問が残ります。

おそらくは野村證券系のベンチャーキャピタルが少しでも株価を上げたいために東証マザーズを選んだのでしょうが、現在の株価での予想PERは約30倍。

割高すぎます。


一応株主優待はありますが、30万円の株を買って、年1回、5,000円の優待では魅力に欠けます。

・・・ってなわけで、今は手出し無用?

(予想が外れても責任は取れませんので、株式の売買判断は皆さんの自己責任で行ってくださいますようお願い致します)

買えなかった・・・

今日は、12月権利銘柄の権利落ち日。

とともに、NISA口座で株が買える日。


そんなわけで、注文を出してみました。

【8421】信金中央金庫 優先出資証券。

が、今日何故か爆騰げで買えませんでした(涙)。

ってなわけで、初NISAはあえなく敗退。


REITは割高になりつつあるため、今狙っているのは信金中金か【2131】アコーディア・ゴルフなのですが、アコーディアも何故か今日は爆騰げ・・・

う~ん、世の中、なかなか思うようにはいきません。


ちなみに、アコーディア・ゴルフの優待券は引き取り手が見つかりました。

僕にとっては紙くずでしかありませんが、ゴルフをやる人にとってはそれなりに使い途はある優待だったようです。良かった♪



ところで、今日は珍しく、小型株が爆騰げしていました。

最近、大型株の騰げに全然ついていってなかっただけに、嬉しい限りです。

ありがとうございます。


NISA口座は、いずれあるであろう爆下げのタイミングを狙って購入しようかな?と、考えています。

わずかな税金非課税に釣られて、割高で株を購入してしまっては元も子もありませんので・・・

調剤薬局、儲けすぎ?

経済誌の記事に、調剤薬局の儲けすぎを批判する記事が載っていました。


調剤薬局が儲けて、薬剤師はそこそこの収入が得られるからこそ、優秀な人が薬剤師になりたいと思う訳ですよね。

それが、介護士並の給与水準に下げてしまうと、優秀な人が薬剤師になろうと思わず、結果的に誰でも薬剤師になれてしまうような世の中になってしまいます。

そうなったら、誰が責任を持って処方箋を確認してくれて、薬を調合してくれるのでしょう?


別に、調剤薬局が儲けたっていいじゃないでしょうか?

薬剤師が、難易度に見合うだけの給料をきちんともらえているのであれば・・・

ちなみに、自分の所得は高い方が良いが、他人が高い所得をもらうのは気にくわない・・・というのであれば、他人を批判する前に自分の所得を増やす方法を考えるべきです。調剤薬局が儲かるのなら、記事を書いている評論家や記者が調剤薬局を経営すれば良いのではないでしょうか?薬剤師には簡単にはなれませんが、調剤薬局チェーンのオーナーなら薬剤師の資格がなくてもなることは可能なはずです。



日本経済新聞のように、提灯記事やヨイショ記事ばかり書いていれば、企業が勝手に応援してくれます。

他方、どっかの経済誌のように不祥事を起こした訳でもない企業を『儲けすぎ』などという理由で安易に批判すると、世の中から見放されるような気がしてなりません。

まるで、どっかの政党の主張である、『大企業は内部留保を削って賃上げを!』と、同レベルですね・・・


そういえば、その昔ガイアの夜明けだったかカンブリア宮殿だったか、「会社に内部留保を残さずに、利益は従業員の給料にする」という眼鏡屋が出演していました。

そんな経営をしてたとしても、黒字のうちはそれで良いのですが、万一赤字を出した場合、どうやって会社は生き残るのでしょうね?

【6089】ウィルグループ、何故こんな社名にした?

このところ続いていた、IPO連勝記録を止めた会社、【6089】ウィルグループ。

東証2部ということもあり、ある程度の不人気は予想されましたが、それにしても公募割れまでとは・・・。


確かに、IPO公募価格を見ても割安感はありません。この値段なら、既存上場企業の人材派遣をやっている会社の株を購入した方が良いように思います。

それよりも・・・

この会社の社名の前に『グッド』を付けると、あの折口会長率いる日雇い派遣の会社に早変わり。

ウィルグループの中身を語る前に、まずはこの社名を何とかしろ・・・と。

社名が悪いから公募割れした・・・などと勘ぐるのは、僕だけでしょうか?



日雇い派遣事業と介護事業で、さんざん悪評を振りまいた、今は亡き似た社名の会社(グッドウィル)。

そのあたりのことは、社長も幹部も証券会社も何も思わなかったのでしょうか?


その昔、I○I(←○の中にはアルファベット1文字が入ります)の会社は祟られているとか、社名に『プライム』が入っている会社は軒並み傾くとか、ギリシャ語の社名の会社は祟られている等、社名に共通点がある会社というのは、何故かトラブルが立て続けに発生したりするようです。

そんなわけで、ウィルグループはグッドウィルグループの二の舞にならないようにしてほしいなぁ・・・と思うのです。よりによって、両者ともに人材派遣・業務請負業務が主力です(でした)し・・・。



それにしても、社名だけで買いたくない銘柄って・・・本当に珍しいなぁ。

イオンで買い物♪エクストラ

お客様感謝デーの20日に買うのを忘れていたものを買うために、再びイオンへ。

僕の場合、ワオンはポイントではなく、JALのマイルが貯まるものを使っているのですが、やはり200円の買い物で10マイルは大きいです(通常は200円で1マイル→10倍ポイント期間中は200円で10マイル)。


しかも、ワオンカードにお金をチャージする際にもマイルが付きますので、計算上では10倍ポイント期間中にイオンで33.4万円の買い物すれば、それだけで香港行きの航空券がもらえてしまうことになります♪

(こうやって、僕はどんどん無駄遣いをしてしまうのです)


ところで、イオンで買い物をすると、こんなクーポン券を渡されました。



25日~31日までに、イオンの食品売場で2,000円以上の買い物をすれば使える50円引きのクーポン。

今月は29日(日)と30日(月)がお客様感謝デーなので、この両日に2,000円を若干上回る買い物をすれば、割引率がさらに2.5%弱上乗せされることになります。


それにしてもイオン・・・

こんな値引きばかりやっていて儲かるのかな???



でも、よくよく考えてみたら、イオンで大きく利益を出しているのは金融部門とディベロッパー部門。

残念ながら、物販業ではあまり利益を出せていません。

ということは・・・

イオン直営売場でのワオン10倍施策はあくまでも、イオンモールやイオンショッピングセンターにお客を集めるための集客施策であり、イオンの直営売場以外のテナントでどんどん買い物をしてお金を落としてもらうことこそが、グループとしてのイオンの最大の狙いなのかも知れません。

そういう意味では、イオンがショッピングセンターの胴元ではなく、阪神電鉄が経営するショッピングセンターの一テナントとして入っているウイステ(イオン野田阪神店)は、今のイオンの中では例外的な存在なのかも知れませんね。

そんなわけで、イオン野田阪神店だけを見てイオングループ全体のセールを語るのは、例外だけを見て全体を語っていることと同じなのかも知れません。

(わかっていても、仕事上でもプライベートでもよくやってしまうのですが・・・)

イオンで買い物♪

今日(12/20)はイオンのお客様感謝デー。

それに加え、ワオンのポイントが10倍(→実質5%引き)。

ワオンポイント10倍って、初めてではないでしょうか?(もしかすると地域や店舗限定で行っていた可能性はありますが、全国一斉は初めてなのでは?)

ちなみに12月はイオンの決算時期ではないため、2013年の電子マネー決済総額でダントツ1位を目指すためのキャンペーンだと勘ぐっています。


ということは・・・

株主にとっては、お客様感謝デー+ワオンポイント10倍+オーナーズカードキャッシュバックの三重還元でえらいことになりそうです。

なんと、割引率は12.6%。(イオンの100株ホルダーの場合)。消費者としてはこんなに値下げしてもらえたら嬉しいことこの上ないのですが、お店として粗利の確保は大丈夫なのでしょうか?



・・・となると、始まるのは衝動買い。

本当に要るのかどうだかわからないようなものを、ついつい購入・・・

結局、イオンの餌食となったのでした(涙)。


お客様感謝デーは今日だけですが、24日の火曜日はWAON10倍+火曜市WAON100ポイントが重複しますので、今日買い逃したものは火曜日に買うことにします。

ちなみに、24日ってクリスマスイブ・・・ほっといて・・・(涙)

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。