京都

すごい人・・・

京都駅ビル、儲け倒してますね。


みらっちのブログ

中央のエスカレーターの導線は、もう少し何とかして欲しかったのですが・・・


全然違って・・・

京都ヨドバシの地上入口。


みらっちのブログ

地下入口の段差をなくすため、逆に1Fに不自然な段差を作ってしまったヨドバシ。

1Fに変な段差を作る代わりに、地下1Fの天井を高くすれば良かったと思うのですが、そのような構造に出来ない何かがあったのでしょうか?

(建物の高さ規制をクリアするための苦肉の策?)



スポンサーサイト

次はピーアークホールディングス?

香港市場に上場した、パチンコホールの持ち株会社、ダイナムジャパンホールディングス。


何故、香港市場に上場した銘柄は、日本市場には重複上場できないか?

なのですが・・・

香港市場・・・株券を発行『する』

日本市場・・・株券を発行『しない』

というのが最大の要因なのだそうです。

香港市場でも、株券を発行せずに上場する方法はあるそうなのですが、どうやらダイナムジャパンはそれができなかったようです・・・



さてさて・・・

ダイナムジャパン以外のパチンコホール(持ち株会社)でも、何とか上場したいと考えていて、それを公言している企業があります。


それは・・・ピーアークホールディングス。


ピーアークホールディングスが発行する「Fun for Life」にはこんな記事が載っています。

(『』内、Fun for Life vol.8(2012/12/26発行)より転載)

『今年は、パチンコホールが香港市場で株式公開を実現させたことで、長年挑み続けている日本市場への株式公開の可能性も視野に、ピーアークのなすべきミッションを引き続き、株式市場、経済環境、業界環境など経営環境を見極めながら、再び株式公開申請のチャンスをうかがってまいります。』


わかりにくい文章ではありますが、同業他社が香港市場に上場したので、ピーアークも、一度は受理されなかった日本市場への上場を目指していくというメッセージを発していると思われます。



そりゃ、できるのであれば日本市場に上場して欲しいです。

香港市場に上場したところで会社四季報には社名は載りませんし、株式は購入しにくいですし、「日本で上場できないから香港に上場した特殊な会社」というあらぬ風評を受けたりもします。

それに、株式上場企業というだけで、世間の評判は全然変わって来ますから・・・


でも、日本の証券市場がどうしてもパチンコ屋は上場させないっていうのであれば、香港市場上場でも仕方ないですね・・・



ただ・・・

大手と呼ばれるパチンコ屋がどんどん上場し、規模を拡大させていくことこそが、パチンコメーカーと太東に渡り合えるようになる、唯一の方法ではないでしょうか?

パチンコ台メーカー(平和、SANKYOなど)があんなに儲かるのは、パチンコ屋がパチンコ台を高い値段で買うからそんなことになるわけであり、買い手優位の世界であればこんなことは絶対におこりません。


そんなわけで、ピーアークホールディングスには、頑張って日本市場に上場してほしいな・・・って思っています。実現できた暁には、僕は絶対に株を買いますので・・・

市名は消えても、駅名は消えず

久しぶりの首都圏。


上野駅から、フレッシュひたちに乗って、常磐線へ。

ややチープな内装ながら、座席の見た目や機能性はまずまず。

乗っている時間が違うからなのかも知れませんが、座席は新幹線よりもこっちのほうが好きです。



みらっちのブログ

そんなフレッシュひたちに乗って、行った先は・・・

(写真は帰りのホームですが・・・)

みらっちのブログ

駅前はお世辞にも賑やかとはいえませんが、土浦に停まらないスーパーひたちもある中、すべてのスーパーひたちが停まる駅(それも2駅連続)ですから、実は相当すごい駅です・・・

市の名前は勝田ではなくなってしまいましたが、駅名は昔も今も、そして将来も健在なのでしょう。


駅の中は工事中・・・

でも、駅構内の美味しいケーキ屋さんは営業中でした(良かった・・・)


みらっちのブログ

すかいらーくグループは、ここのケーキやタルトを、店舗(例えばガスト)でも提供してくれたらいいのに・・・って思います。

そうすれば、フロ・プレステージュの美味しい洋菓子が全国でたべられるようになるのに・・・

とはいっても、ガストの客層とフロ・プレステージュの客層は根本的に違うでしょうから、なかなかそうもいかないのかも・・・


もちろん、ミックスフルーツのタルトは、今回も購入ラブラブ



途中、車窓から見えた桜の花がとてもきれいでした。

水戸といえば偕楽園。

いつか、偕楽園にお花見に行きたいなぁ・・・



ところで・・・

水戸では『桜田門外の変を起こした脱藩浪士』は、やはり赤穂四十七士と並び称される義士扱いで、井伊直弼は吉良上野介に勝るとも劣らぬ悪人の極致なのでしょうか?

鹿児島でさえそんな扱いでしたので、水戸ではもっとすごいのかも・・・


いつか、時間が出来れば、水戸観光もしてみたいなぁ音譜


ちなみに、滋賀県では井伊家は名家であり、吉良上野介と同等の扱いなど、絶対に有り得ない話です・・・。

JALグローバルクラブ

JALグローバルクラブの特典が送られてきました。



みらっちのブログ


今の僕の仕事では考えられないことなのですが、かつては年に50回以上飛行機に乗ったこともあったのです。

その時に作ったのが、年会費16,800円もする、JALグローバルクラブカード(クレジットカード)。


このカード、一度退会してしまうと、もう二度と作れないでしょうから、今後何があっても、このカードだけは意地でも持ち続けます。

またいつか、飛行機に頻繁に乗るようになるかも知れませんので・・・。



そして、マイルがたまったら、また香港と台湾へ行きたいですっ!

一人で行くのは気楽ではありますが、一抹の寂しさも・・・

(ヨメさんと子供を連れて海外旅行へ行った話も聞くような世代なのに、こんなんでいいのかなぁ・・・)

楽天カードのリボ払い

リボ払いというのは、借金です。

それゆえ、本来はやってはいけません。


しかしながら、楽天カードのリボ払いは、キャンペーン次第では(ここ重要)多少リボ金利を払ったとしても、大きくトクになる場合があります。



みらっちのブログ

上記、2つ合わせて10,000ポイント。

他方、払ったリボ手数料は、1,200円弱。

1,200円弱で楽天ポイント10,000点がもらえるのなら、安いものです。


ちなみに、楽天カードのリボキャンペーンの場合、1回につき5,000円以上の利用といった条件が付く場合が多いのですが、JR西日本を良く使う人であれば、「スマートイコカの5,000円チャージ」を利用すれば楽勝です(ちなみに、楽天カードはスマートイコカのチャージでもポイント加算対象です)。



ちなみに、楽天カードのリボキャンペーンで利用者がトクをするキャンペーンですが・・・


①「自動リボ登録&ご利用でもれなく○○○○ポイントキャンペーン」

→いろいろ落とし穴がありますが、条件さえ満たせば、絶対に利用者がトクをします。

ただし、このキャンペーンは自動リボ登録中には届かないため、ポイントをもらったらリボ登録を一旦解除しないと、再びこのキャンペーンには参加出来ません。


②抽選ではなく全員に、「ポイント4倍(以上)キャンペーン」、もしくは「ポイント4%以上還元キャンペーン」

楽天カードのリボ利用分は、絶対に手数料を払わなければなりません。

そのため、ポイント2倍とかポイント3倍といったキャンペーンだと、もらえるポイントよりも払う手数料のほうが多くなってしまいます。

あくまでも、4倍でチャラだと考えて下さい。それ以上のキャンペーンがあった場合に限り、うまく利用すると利用者がトクをします。



それにしても・・・

株の世界では十万円とか百万円といった話をしているのに・・・

何故、楽天ポイントに関しては、こんなセコイ話をするのが好きなのでしょう???

我ながら、不思議・・・

パクリ?

なんですか?これ。



みらっちのブログ


これっておそらく、【3175】エー・ピーカンパニーのパクリで、塚田農場の粗悪品なのでしょう。

参入障壁が低い業種は、こういうことが起こってしまうので、結果的に価格競争になってしまいます・・・


最近の外食産業は、似たようなお店が多すぎて、何が何だかよくわかりません・・・

【3091】ブロンコビリーの株主優待が届きました。

名古屋のステーキ屋さん、【3091】ブロンコビリー。

株主優待と配当が届きました。100株ホルダーなので、お食事券2,000円分


みらっちのブログ

配当は増額となり、年間48円配当に。

ただし、直近の株価急騰で、もはや株価は割安とはいえない水準に達してしまいました。

嬉しいことに、株価は買値の倍以上になりましたが・・・


ブロンコビリーは関西地区には出店しない方針とのことですから、関西在住の人は最低でも岐阜県か三重県へ行かないと、株主優待券は利用出来ません。

あの美味しいハンバーグとサラダバー、関西では永遠に食べられないかと思うと・・・残念。

(ただし、優待券を返送すると、2000円分の優待→お米2kgと交換してくれます)



もちろん、ブロンコビリーは、立地さえ間違えなければ関西でも十分通用するお店です。

しかしながら、限られた経営資源を、客単価が低く競争も激しい関西に投入するより、単価が高くて人口も多い首都圏攻略に投入した方が儲かる・・・と判断されたのでしょう。

(もちろん、何らかの理由で、オーナーが極端な関西嫌いなのかも知れませんが・・・)



ところで、従業員数が226名となっているにも関わらず、内定者が50名、来期の採用予定が60名となっています(会社四季報2013年春号掲載)。

仮に、退職者が1人も出ないと仮定すると、2年で従業員が1.5倍になってしまいます。これだと、素人が素人を教えるような状況に陥ってしまうでしょうし、管理体制は間違いなく追いつかないと思われます。

もちろん、従業員の定着率が悪いので多めに人を採用するのでしょうが、もう少し従業員の定着をよくする仕組みも必要なのではないでしょうか?

【3177】ありがとうサービス

ありがとうサービスという上場企業。

名前からして、マイナー上場企業の極致だと思います。

めぼしい上場企業で、もはや株価が割安な会社なんてほとんどありませんので、マイナー銘柄を超えて、今や僕の目線はマニアック企業に向いてしまいます・・・



ちなみに、ありがとうサービスという会社は、愛媛県を地盤とするマルチフランチャイジー企業(フランチャイズ加盟店が企業体となったもの)です。

フランチャイズ加盟店なんて、本当に儲かるのか?とお考えの人も少なくないかと思いますが、マルチフランチャイジー企業で上場している会社は、他にもあります。


たとえば、【7508】G-7ホールディングスなんて、フランチャイズ本部と変わらないくらいの高収益を上げています。要するに、フランチャイズ加盟店になって儲かるかどうかは、加盟するフランチャイズの本部次第です。

加盟店と共存共益を図ろうと考えているフランチャイズ本部の場合、加盟店募集にお金をかけません。

なぜなら、募集をしなくても加盟希望者が集まるからです。

たとえば最近、皆さんはモスバーガーのフランチャイズ加盟店募集の広告を目にされたことはあるでしょうか?


優良フランチャイズ本部というのは、そういうものです。


逆に、加盟店募集にお金をかけている本部というのは、加盟希望者が集まりにくいということの裏返しでもあります。大手コンビニとか、中小コンビニとか、コンビニとか・・・

さてさて、上場後いきなり下方修正を出してきた、【3177】ありがとうサービス。

とはいえ、2012年11月12日という、衆議院解散直前に上場した会社(相場低迷期に上場準備を行ってきた会社)ですから、悪意のある上場とか下方修正とかではなく、やむを得ず行った下方修正なのでしょう。


しかしながら、地方で展開しているサービス業だと、将来性に関するビハインドを感じてしまいます。

それでも、ありがとうサービスの今の株価は指標的には割安だと思います(あくまでも、今期も前期と同じくらいの利益と配当があることが大前提ですが)。

都市部と同じ単価を設定できるフランチャイズ加盟店だと、家賃や人件費が安い分、都心部よりかははるかに利益を出しやすいでしょうから、そういう意味では地方企業だからこそ上場できたのかも知れません。

従業員(社員)の平均給与が約349万円となっていて、滋賀県に住んでいる身としてはやや違和感を感じますが、それでも愛媛県だと、平均以上の水準でしょうから、別に問題ないと思います。


マニアックな銘柄大好きな僕としては、マニアックな社名に惹かれ、とりあえず1単元購入。

来期の業績見通しが怖いといえば怖いのですが、そんなこと気にしていたら株式投資なんてできませんから、今はただ、来期に期待するだけです。



ちなみに、上場しているマルチフランチャイジーに、【3370】フジタコーポレーションという会社があります。

しかしながらこの会社、上場がゴールの会社だったようで、株価はジェットコースター・・・。

フジタコーポレーションの10年チャートはこんな感じ・・・

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3370.Q&ct=z&t=ay&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130,s&a=v


そんな【3370】フジタコーポレーションには完膚なきまでたたきのめされた僕ですが、ありがとうサービスはフジタコーポレーションとは真逆の展開になることを期待しています。

ダイナムジャパン、ついに買いました

香港市場に上場したパチンコ屋、ダイナムジャパンホールディングス。

前々から購入すると言っておきながら、購入の方法がわからず、手を付けていなかったのですが、ついに購入することができました。




みらっちのブログ

正直、今の株価が妥当なのかもわかりません。

さらに、日本でいうところの権利確定日がいつなのかもわかりません。

全く手探り状態での株式購入です。

(ダイナムジャパンは、今の株価はPER10倍を切っているので、香港市場の中では圧倒的に割安であると説明されています)


また、パチンコ業界に逆風が吹き荒れる中、将来的に現在のダイナムジャパン社の好業績が維持できるかどうかはわかりません。


しかしながら・・・

とりあえず、習うより慣れろということで、香港株がどういうものなのか触ってみる意味も兼ね、ダイナムジャパンを購入してみました。


それと・・・

パチンコ業界に逆風といわれながらも、いわゆる『大手チェーン』は業績を伸ばしていますので、業界そのものが二極分化しているようにも思います。

ダイナムジャパンはマルハンやピーアークなどと同じく、業界の勝ち組として残存者利益を享受しつつ今後も成長していく企業となるのかも知れません。


さらに、業界初上場という会社は、多くの場合当たりであるように感じます。

コストをかけて苦労して業界初上場した会社というのは、僕は株式を購入する価値があると思っています。

(そのうち、同業者で訳のわからないような会社が上場し、業界そのものの評判を落とすような会社が現れたりするのかも知れませんが・・・)



多額のお金を投じたわけではありませんので、今後もダイナムジャパンは長期保有しようと考えています。


休むも相場

正直、味噌も糞も騰がっている、今の株。

もはや、おすすめできる銘柄なんてない・・・


かといって、この相場でカラ売りなんて・・・もっと怖い。

(そういえば、株はカラ売りで儲けろと力説していた、某株式投資塾の某氏、今頃元気しているのでしょうか?)


こんな時は、休むも相場。

・・・ってな訳で、売買は控えています。


それにしても、もう買値に戻ることはない、いつかは損切り・・・と思っていた、

【2790】ナフコ様

【9792】ニチイ学館様

【2769】ヴィレッジヴァンガード様

【7278】エクセディ様

【9866】マルキョウ様


までもがプラスになってしまう始末・・・

神様、本当にありがとうございます!


あとは・・・

株価の動きは良いものの、未だ公募価格に戻らない、

【8793】NECキャピタルソリューション様

【8931】和田興産様


何とかならないかなぁ・・・

神様、お願いしますぅ!

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる