スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3376】オンリーの隠れ優待?が届きました

【3376】オンリーが、会社のロゴを変更しました。

そして、店名もONLYに変更していくようです。


そこで、新ブランドデビュー記念ということで、商品引換券をいただきました。

すべての株主に同じ券が届いているのかはわかりませんが、僕のところに届いたのは、ネクタイとポケットチーフの引換券です。


みらっちのブログ


引き替えできるのは、3月中。

京都か大阪に出かけた際に、いただこうと思っています。

ありがとうございます。


それにしても三十数年間、オンリーブランドでの商標が成立しなかった事情というのは何なのでしょう?

一般的に使われる英単語を社名にしている会社は少なくありませんが、こういう会社は社名を商標として登録できないのでしょうか?

ちょっと、不思議・・・。

スポンサーサイト

平和堂の特招会?

滋賀県シェアNo.1のスーパーマーケット、平和堂。

鳩一匹がヨークベニマル、鳩二匹が平和堂・・・なんてことはどうでもいいのですが・・・


最近、平和堂の特招会の頻度が上がっているような気がします。

2ヶ月に1回くらい開かれるようになったのでしょうか?


ところが、以前から特招会として親しまれていた、特別ご招待会。

それが、よく見ると、こんな名称に変わっていました。



みらっちのブログ

特別ご優待会!?


何故、招待→優待に変えてしまったのでしょう?

今まで親しんできた、特招会の名前がなくなるのは残念・・・


【4977】新田ゼラチン、1000円超え、何があった?

【4977】新田ゼラチン。

連日の最高値更新。


ホルダーとしては嬉しい限りなのですが、一体何があったのでしょう?

目新しい材料など、何も出ていませんが・・・

(強いて言うなら、東証1部への昇格くらい?)


ちょっと前に発売された週刊誌に、推奨銘柄(目標株価1,400円)として載っていたりはしましたが、そんな記事を真に受けて新田ゼラチンを購入する人がそんなにいるとも思えず・・・



今回の株価急騰で、株価も割安ではなくなり、配当妙味もなくなった(新田ゼラチンはもともと配当は良くない銘柄ですが・・・)ため、そろそろ売ろうかな・・・などと考えたりしています。

でも・・・人間の悲しき性。

欲が出てしまうんですね・・・「もっと騰がるんじゃないか?」って。


アイ・アール ジャパンなんて、何故そこからさらに騰がるの?ってな感じで、二段階目の噴射に入った感じですし・・・(正直、売らなきゃ良かったとも思いましたが、「あれだけ利益を取らせていただいたのだから、十分満足」と考えるようにしています)。


人間、「足るを知る」を忘れてしまうと、終わりですから・・・



一応、僕のルールとして、株価が倍になると少しは売るようにしていますので、新田ゼラチンも少しは売ろうと考えています。

これだけ儲けさせていただいた・・・という気持ちを忘れ、欲をかいた瞬間。

短期的には儲かるかも知れないけれど、長い目で見た場合に、それで痛い目にあった経験は数知れず・・・


後講釈など、いくらでも垂れられます。

投資雑誌などで、売買タイミングで蘊蓄を垂れているような人も少なからずいますが、「そんなにお前の売買が上手なら、こんなところで蘊蓄を垂れず、黙って自分一人で売買していろ!」って思います。


例え、ベストな行動ではないとわかっていても、決めたことは必ず守る。

簡単なようで、実は難しいことなのですが、今回の上げ相場では、僕は忠実に守っていこうと思っています。


【2769】ヴィレッジ・ヴァンガード、株主優待ってあったのですね!?

ヴィレッジヴァンガードの株主優待が届きました。

この会社に株主優待があるなんて思ってもいなかったので、ビックリ!


みらっちのブログ

1000円のお買い物券が10枚、合計10,000円分です。

今の株価なら、優待利回りは約8%(+配当利回りが約1.1%)ありますので、かなり割の良い優待利回りです。


ヴィレッジヴァンガード好きの人は、購入をご検討されてみては?


ちなみにヴィレッジヴァンガード、低PER、低PBR銘柄ながら、株主還元に消極的な企業故、株価があがらない、と思っていたのですが・・・

いつからか、株主還元に積極的な企業となったようです。


残るは、最近の冴えない業績・・・ですね。

売れない在庫の処分がうまくいかない故、売場の陳腐化が進んでいるような気がするのですが、それでは【3331】雑貨屋ブルドッグの二の舞になってしまいます。

そうならないよう、頑張って欲しいな・・・と願う、零細株主の一人でした。


ちなみに守山にも以前、ヴィレッジヴァンガードはあったのですが、残念ながら昨年、撤退となりました・・・。


【2131】アコーディア・ゴルフ、悲しい・・・

アコーディアゴルフの株。

PGMホールディングスには買ってもらえず、株券のまま返ってきてしまいました。

このまま3月末まで保有して、1株あたり5,500円の配当をもらうか、それとも売り払ってしまうか・・・

悩ましい選択です。


やっぱり、持ち株はPGMに買ってもらいたかったです・・・



ところで・・・

懐かしの「村上ファンド」という言葉が登場した、今回の買収劇。

彼らが買い集めた20万株弱の行方こそが、今回の買収劇の第二幕の始まりなのではないでしょうか?


村上ファンドの残党がやっている投資ファンドが、長期間、100億円もの投資を固定化してしまうとは到底思えません。

彼らが、市場価格で株を市場から購入し、1株81,000円でPGMに売ろうとしていたとも思えず・・・

また、この先、買い集めた株を市場で売却するなんてことをしたら、それこそ株価は暴落でしょう・・・。


それ故、彼らの今後の行動は・・・持ち株をまとめて、第三者に転売したいはずです。

①アコーディアが、自社株式の適正株価と主張していた12万円台の株価で、持ち株をアコーディアに買い戻させる。

②81,000円よりも高い値段で、第三者に売り抜ける。

③さらに株を買い集め、経営権を掌握する。


の、いずれかになることでしょう。

そんなわけで、当面は持ち株をホールドし、第二幕の始まりに期待しようと考えています。

少なくとも、当期純利益のほぼ全額を配当するというアコーディア・ゴルフの方針が大きく変わらない限りは、現在の株価の下値不安というのはさほどない・・・と思っていますので。



【3355】クリヤマホールディングス

昨年1月以降、爆騰してくれる株に助けられています。


そして・・・今年初の爆騰銘柄かも知れません。

【3355】クリヤマホールディングス。

苦節○年。株価が100円台に落ちた時でもひたすら持ち続け・・・お陰様で、やっと騰がってくれました。


みらっちのブログ
(チャートはYahoo! ファイナンスより転載)


一応、僕のルールとして、株価が倍以上になったら、必ず少し売るようにしていますので、今回も少し売りました。

ありがとうございますっ!


この調子で、いろいろな持ち株が騰がってくれたらいいな♪

閑職への憧れ、その2

このご時世、閑職がいいなどと言うと、バカか!と言われるに決まっています。


でも、ず~っとではなく、ある程度の期間だけであれば、閑職もいいかな~・・・と。

ず~っと閑職だと、困るけど・・・。


1週間くらい休んで、九州でも行って、ゆ~っくりお風呂にでも入りたい・・・。



でも、会社に行って仕事がない辛さというのは、リーマンショック後に経験済みの方の多いのでは?

仕事がないのに会社に行く辛さ・・・考えただけでもしんどいです。

短期間なら割り切れます。それに、リーマンショックの時は、僕に限らず誰も仕事がありませんでしたから・・・。


しかし・・・周囲の人には仕事があるのに、自分だけ仕事がない・・・

こういう状況に追い込まれたら、いよいよ会社員人生も終わりです。


そう考えたら、仕事に追われる毎日のほうがいいのかなぁ・・・



仕事に追われつつも、バイロイト音楽祭に行ける人生・・・そんな人生になったら最高ですが・・・

(1人でバイロイト音楽祭に行ってもつまらない?・・・ほっといて・・・)


【2131】アコーディア・ゴルフ、まさかのTOB不成立・・・

【2131】アコーディア・ゴルフ、結局TOBは成立しませんでした。

僕が応募した株式も、現金化されずにそのまま戻ってきてしまうことになります。


しかしながら・・・

投資ファンドが発行済み株式の20%も買い集めてしまった以上、今度はその株式をどうするのかが、アコーディア・ゴルフの経営陣にとっての悩みの種になることでしょう。


約20万株を、現在の株価で買い取るとすれば、約170億円の現金が必要です。

PGMが問題にしている、アコーディアがゴルフ場を売り払って150億円を作り、そのお金で自社株買い・・・っていう話、投資ファンドが買い集めた株式を買い取るためだったのでしょうか?


しかしながら、アコーディアは投資家に対し、DCF法で求めた、自社の株式の理論株価は10万円以上だ、などと記載した資料を投資家に配ってしまった以上、投資ファンドはその株価での買取を要求してくるはずです。

とはいえ、投資ファンドの株式だけを10万円以上で自己株取得してしまうと、それこそ今度はアコーディア・ゴルフ自身が少数株主に対する配慮をしていないことになってしまいます。



さらに、PGMもこのまま黙って引き下がるとは思えず、さらなる嫌がらせをアコーディアに仕掛けるでしょうから、今後、買収合戦がどうなるのか、固唾をのんで見守りたいと思っています。


それにしても・・・

アコーディアが投資ファンドが保有している自社株を買い取って流通株式が減った段階(さらには、自己株を償却した段階)で、再度PGMがTOBを仕掛けたら、どうなるんでしょうね?

その時こそ、アコーディアの終焉となってしまうのかも・・・



とりあえず、株式は戻ってくることになりました。

このまま3月まで株を持ち続けていれば、1株あたり5,500円の配当をしてくださるそうですから、株価が大きく上がらない限りは、このままアコーディアの株は持ち続けようと思っています。

REIT並の高利回りが謳い文句ですから、今の株価が妥当かどうかはともかく、持っていて損はない銘柄だと思っていますので。



あ・・・

もちろん、株主総会では会社側議案には反対票を投じます。

反対票を投じたところで、アコーディアにハガキを捨てられて棄権扱いされてはたまりませんので、「アコーディア・ゴルフ株主委員会」に議決権行使書を送るつもりにしています。


少なくとも、少数株主を軽視しているのは、PGMではなくアコーディアの方だというのは、株主説明会に参加して良くわかりましたので・・・。

人生ゲーム ハイ&ロー

かつて、愛川欽也が司会をしていた、毎日放送でやっていたテレビ番組、人生ゲーム ハイ&ロー。

この番組を知っていること自体、既におじさんの領域に入っているのかも知れませんが・・・


ところで、このテレビ番組。

誰もが「社員」からスタートしました。

双六が進むに従って、社員→係長→課長→部長→重役と昇格していきます。


しかしながら今、こんな番組を放送すると、これまた問題となってしまうのでしょうね。

社員が最初のステップではない!、と。



でも、考えてみて下さい。

その昔、フリーターという言葉が一般化するまえ、「アルバイター」なる言葉が存在しました。

この頃は、正社員になるよりもアルバイトで生計を立てるほうが遥かに所得が多かったからこそ、正社員にならずにアルバイトで生計を立てようと考える人が少なからずいたように思います。


公務員になった、高校の先輩。

「給料もらったけど、手取り9万円もない。これじゃ、アルバイトやっていたほうがよっぽどマシだ!」

なんて愚痴をこぼしていたものでした。


でも、その時に辛抱していたからこそ、今の生活があるわけでして・・・


僕としては、何故、今、公務員を叩くのかがわかりません。

結果的に今、民間企業の従業員よりも相対的に待遇が良くなっているだけであり、昔からずっと公務員が良かった訳ではありません。


なのに、年長フリーターを被害者として扱い、公務員を悪者みたく扱う人達って、何なのでしょう?


僕としては、年長フリーターというのは、目先の良い生活に惹かれて、将来のことは考えていなかった愚か者だとしか思えません。

逆に、公務員になった人は、社会人当初の生活水準を犠牲にし、将来に望みを託した、若い頃に賢明な選択を行った人達であると思っています。



そして・・・社員がファーストステップではない?

僕はそんなことはないと思っています。


大学を卒業したのだから、有名企業のホワイトカラーになれて当然と考えているような人が社員になれないのであり、世の中見渡せば、人手不足の業種などいくらでも存在します。

自らの能力を顧みず、目先の相対的な労働環境の悪さだけで、人手不足の業種を敬遠するような人達は、社会全体における被害者扱いするのはおかしいと思っています。


自称弱者を本当の弱者と持ち上げて、社会のせいにする・・・

こんなことが平然と行われるような国は、強くなりません。

自ら選択して弱者の道を歩むような人は、自己責任でその道を進む・・・これこそが、日本の本来あるべき姿だと思います。



「社員になれない?」

社員になれないという被害者意識を持つ、彼らの理屈は、身分不相応な会社の社員になりたい、ということですから、そんな彼らの要望を聞くべきではありません。

身分相応の会社の社員にはなりたくない、というのであれば、正社員にはならず、一生フリーターで暮らしていけばいいのではないでしょうか?

一生フリーターで暮らしていく、という職業選択の自由がある国、それが日本ですから・・・



それにしても、昔の思い出って美化されてしまうのでしょうかね?

最近のテレビ番組はつまらない、「人生ゲーム ハイ&ロー」の時代が良かった・・・などと。



最後に・・・

【2131】アコーディア・ゴルフが乗っ取られるかどうか、その第一関門となるのが今日です。

僕としては、個人投資家を舐めたような会社説明会を開くアコーディア・ゴルフは乗っ取られた方が良く、アコーディア・ゴルフという会社が持っている価値をTOB価格として具現してくれたPGMホールディングスこそ、真の株主利益を実現する会社だと思っていますので、PGMには頑張って欲しいな・・・と思っています。

(他方、アコーディア経営陣が守りたいのは、少数株主の利益ではなく、自分(役員)達の利益だと思えました)


アコーディアを乗っ取ろうとしている会社、オリンピア。

かつて『バニーガール』という、当時大人気となったスロットを作った会社です。

この台は、当時としては珍しく、客に損をしたと思わせないような工夫がなされていた、非常に上手に作られていた台でした。

(これまた、昔のスロットは面白かったという、思い出の美化なのかも知れませんが・・・)


オリンピアには今でも、客(少数株主)に損をさせないように設計を工夫するというDNAが残っていることを期待しつつ、アコーディア・ゴルフの乗っ取りがどうなるのか、見守っていきたいと思っています。


【2131】アコーディアゴルフ、大阪での株主説明会・・・

PGMホールディングスから敵対的買収を仕掛けられている、アコーディアゴルフ。

小口投資家に対する説明会が大阪でも開かれました。


ただ・・・

あまりやる気の感じられる説明会ではなかったように感じられました。

何となく、仮に公開買い付けが成功した場合のための、言い訳作りのような説明会だったように思えてなりません。


正直、こんな内容の説明会を開くというのは、休日の日中にわざわざ足を運んだ株主に対して失礼だと思っていますし、アコーディア・ゴルフの現経営陣に対する理解が深まるような内容ではなかったように思います。


というのも・・・


まず、今までにweb等で公表されている内容以上の説明はほとんどありませんでした。

ディスカウントキャッシュフロー法でアコーディア・ゴルフの株価を評価すると、現在の株価は理論株価よりも低いという説明がありましたが、算定根拠は説明出来ないと社長が言うというのは論外です。


そもそも日本の会社の多くは、DCF法で評価を行うと、現在の株価は理論株価よりも低い会社のほうが多く、これを理由にしたPGMのTOB価格の不当性というのは、合理的な説明にはならないと思います。



さらに、株主からの質問については、会社側が選んだ回答しか答えない、というのも論外な対応です。

一方的に会社側が発言するだけの説明会であれば、高い費用をかけて大阪で説明会を開催する必要などありません。


アコーディアは年明けに、株主に対して自社の主張を印刷した資料を送ってきました。

こんな説明会を開くために会社の貴重なお金を使うくらいであれば、株主に対して送ってきた資料の中に、会社の主張を動画で説明するDVDを添付した方が、コストは安くなると思います。


一般からの質問を受け付けた場合、説明会の時間が長くなる、というのであれば、説明会終了後一旦解散し、質問希望者のみが会場に残って質疑応答を受け付ける、といったやり方もあったはずです。

説明会終了後に、一部の株主が司会者に詰め寄っていましたが、さすがに今回は詰め寄られてもおかしくないな・・・と、思いました。



こんな会社なら、PGM子会社になって経営陣が替わった方が良いのではないか?とさえ思えた、今回の説明会でした。

PGMと平和の今回のTOB手法が良いとは思っていませんが、TOB業務を行っている三田証券の丁寧な対応と比較すると、(大和証券が関わっていると思われる)今回の説明会はあまりにもお粗末です。


決めました。

TOBに申し込みます。

PGMには今まで以上に儲けてもらい、平和の収益に貢献してほしいと願っています。


平和も、収益に直結しないテレビCM(かわいい女の子が登場する、何のCMなのかわからないCMです)なんかやってないで、ビッグシューター、麻雀物語、それにブラボーキングダムといった、それまでのパチンコ台を一新させるような革命的な台の開発にエネルギーを注いで欲しいなぁ・・・と、願っています。


ちなみに、昔の平和は良く知っているのですが、最近の平和がどんなことをやっているのかはほとんど知りません・・・

(ちなみに平和以外のパチンコ関連銘柄は何社か購入しましたが、平和の株は購入していません)

プロフィール

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。