【6728】アルバック 良い会社≠投資して良い会社?

【6728】アルバック。

ポンプや半導体・液晶製造装置のメーカーで、非常に技術力の高い会社です。


一般消費者向けの製品を製造している会社ではありませんので、ご存じの方は少ないかと思います。

しかしながら、この会社を知っている人であれば、多くの人は「良い会社」だと思うはずです。


「儲かっている会社」と「良い会社」が、必ずしも同じではない・・・という事実は、以下の二者択一を考えれば明らかです。


・前期、大赤字を出してしまった「パナソニック」と、高い利益率を維持し続ける「日本電産」。二社のうち、どちらかに就職するとなれば、どちらに就職したいか?



アルバックもこんな感じです。良い会社が必ずしも利益を安定的に出せるわけではない、という事実を、アルバックは突きつけてくれました。

もちろん、良い会社であるが故、ダメなときはダメ・・・という形で赤字を表面化させたのかもしれません。

本当にダメな会社は、将来のために必要な投資や修繕費まで削ってまで、無理矢理赤字を取り繕いますから。


ちなみに、アルバックの今期(平成24年6月期)の当期純利益が516億円の赤字って・・・。

年商約2000億円、そして純資産が約900億円の会社にとって、この数字はあまりにも大きすぎます。

もちろん、減損損失や繰延税金資産の取り崩しなどが赤字の多くを占めるため、すぐに会社の資金繰りがどうこうなるレベルではありませんし、これだけの技術力をもつ会社の時価総額がわずか300億円程度というのであれば、資本提携や支援を申し入れる会社は少なくないと思われます。

そのため、アルバックがエルピーダメモリのような状況にすぐに陥るとは考えられません。



ただ・・・目先、どうなるかはわかりません。

アルバックのお客さんも経営不振の会社が多く、アルバックの持つ高い技術力が、現時点において容易にキャッシュを生み出せる状況ではない以上、V字回復は望めないと思っています。

減損損失を大きく計上することで償却負担を減らし、V字回復を演出する・・・といったことがあるのかも知れませんが、アルバックのB/Sを見る限りでは、問題は別のところにあるようです。


僕の個人的な印象ですが、固定資産よりも、流動資産中の仕掛品(仕掛在庫)の多さが気になります。

年商2000億円の半導体・液晶装置メーカーが約500億円の仕掛かり在庫を抱えるというのは、いくら何でも多すぎるように思います(これとは別に、原材料在庫、製品在庫があるわけですから・・・)。


在庫の適正量は、製造業であってもどのような業種かによって大きく異なります。また、在庫をどのように分類するかの基準は各社で異なります。

それ故、一概には言えませんが、年商約6000億円の東京エレクトロンの仕掛かり在庫が約350億円となっていますので、一般的に考えた場合、アルバックは仕掛かり在庫の中に不良在庫が結構あるのではないか?と、勘ぐらざるを得ません。

(ちなみに東京エレクトロンの製品在庫は約1000億円と高水準ですが、客先に納入した装置は、一旦製品在庫となりますので、年商から考えた場合、決して異常な数値ではなく、むしろアルバックの60億円という数値の少なさのほうが気になります)



現時点でのブログの内容は、アルバックの平成24年6月期3Q決算が出る前の推測でしかありませんが、『在庫』にアルバックの今後を占う鍵が隠されているように思えてなりません。

スポンサーサイト

東京はいいところ!

久しぶりに、仕事で東京へ行くことになりました。

職業に貴賎なし、とは言うものの、どう考えても今回の仕事は、貴賤の『賤』のほうだな・・・と思いつつ・・・


そもそも、『当たり』の仕事が、ゴールデンウィーク中にあったりする訳がありませんし・・・


そんなわけで、どうせこんな時期に東京で仕事なら、会社の車新東名使って東京まで行きたかったのですが。。。

今回はそれも叶わず・・・


今回は、沈んだ気持ちで仕事をすることになりそう・・・

世間の人はゴールデンウィークに浮かれている中・・・



【6061】ユニバーサル園芸社、なぜ上場???

今月の、マイナー銘柄4連続ジャスダック上場。

今日、そのうちの3番目の【6061】ユニバーサル園芸社が上場しました。


調べてみると、株価は激安。

4/26の株価(終値)は1,410円なのですが、PBRが約0.4倍、自己資本比率約85%、無借金経営・・・と、どう考えても上場する必要性が感じられない会社です。

しかも、今期の特別損失の原因が、エルピーダメモリの倒産により、社債が紙くずになったから・・・なんて、新規上場企業のやるようなことではありません。


【4464】ソフト99のような、会社に現金を貯め込んでいるだけで何もしない会社・・・なんていう銘柄が好きな人にとっては、【6061】ユニバーサル園芸社は願ってもない銘柄でしょう。



さて・・・何故、このような会社が上場したのでしょう?

悪意を持って考えた場合、相続対策上場が考えられます。

株式公開した後に、創業者が持っている株を資産管理会社に移し、より相続を容易にするのが最大の目的なのでは?と、勘ぐりたくもなってしまいます。


他方、善意で考えた場合は、知名度と信用度向上のためなのでは?と、思われます。

観葉植物のレンタル会社という業態は、(こんなことを言うのも申し訳ないのですが)社会的なイメージは決して良いとは言えず、優秀な人もなかなか入ってこないような会社だと思われます。

こういう会社の場合、会社としては儲かっていたとしても、そのことがなかなか評価されません。


それ故、信用と優秀な人材の獲得手段として、上場という方法を選択されたのかも知れません。



ただ・・・間違いなく言えるのは、株価指標的には割安な会社です。

【9866】マルキョウのような、株価指標は割安なものの、不人気すぎて株価が上がるとは到底思えないような銘柄が大好きな皆さん(僕はもちろん、こういう銘柄が大好きです)、ユニバーサル園芸社の将来に着目していきましょう!

僕も近々、ユニバーサル園芸社は購入したいと思っています。


明日は、【6062】チャーム・ケアが新規上場します。

ユニバーサル園芸社とは全く逆で、自己資本比率が10%を切っているという、本当にお金のない会社です。

僕は、老人ホーム銘柄であれば【6062】チャーム・ケアよりも【6059】ウチヤマのほうが割安だと思い、公募価格を割ってしまったウチヤマに張ったのですが、市場は、これらの銘柄をどう評価するのか、興味深く見守っていきたいと思っています。

フランチャイズって本当に儲かるの?

とある飲食店の入口に、こんな張り紙が・・・
$みらっちのブログ


私たちは、フランチャイズで儲けるつもりはありません・・・
って、じゃあどこで儲けるの?
この店舗から、徒歩2分くらいのところに、別の「宮本むなし」があり、既に自社競合している状態なんですが・・・

企業存続のためには適正利潤が、絶対に不可欠です。
特に、フランチャイズ店舗が開店した後は、加盟店に対する適切な後方支援が絶対に必要です。
そうした後方支援業務を行うためには、そのための利潤を確保する必要があります。

従って、何らかの方法でフランチャイズシステムの中から儲けを出さない限り、企業として存続できません。それ故、こういう謳い文句で加盟店募集を図る会社というのは、何かしら裏があるように思えてなりません。


本当に真面目にフランチャイズ加盟店と共存共栄で進んでいるフランチャイズ本部には、個人ではなく、企業がフランチャイズ加盟店となっています。
どこかの会社のフランチャイズ加盟店となる場合、「小資金で開業できて、簡単に儲かる」なんていう話を鵜呑みにしてはいけません。
本当に小資金で開業できて、簡単に儲かるのであれば、フランチャイズ加盟店を募集したりせず、直営で事業展開するはずですから・・・

【6059】ウチヤマホールディングス、マイナー銘柄決定?

たま~に株ネタをアップしているのですが・・・
僕の株ネタは、短期売買で大きな成果が出せるような内容ではありません。
短期売買で大きな成果を出したい人は、僕のブログは参考にしない方が、より良い結果が出せるかと存じます。そうした方は、他に良いブログがいくつもありますので、そうしたブログを参考になさった方が良いかと思います。

あくまでも、ほとんど誰も注目しないような、指標的には割安ではあるけれども不人気な銘柄を何年も持ち続け、いつかの爆騰を夢見る・・・という内容のブログです。

もしも、同じような投資方法を行っておられる方がいらっしゃれば、コメントいただければ嬉しいです。



さてさて、4月20日に上場した、【6059】ウチヤマホールディングス。
福岡県北九州市に本社があり、老人ホーム、カラオケ店、飲食店を経営しているのですが、その組み合わせに違和感を感じさるを得ない、何だか良くわからない会社です。

それなのに、この会社が経営しているコロッケ倶楽部というカラオケ屋は、何故か近くにあったりしますし・・・
(近江大橋取付道路終点である、草津市駒井沢のマックスバリュとサンミュージックがあるあたり・・・といえば、地元の方ならわかっていただけるでしょうか?)

こんな会社が、新規上場したとしても人気になる訳がなく、株価はどんどん下落中です。
しかしながら、こんな会社だからこそ買い出動!なのが僕。


そもそも、相場というのは売る人と買う人がいて成り立つモノです。
買い手しかいなかったり、逆に売り手しかいなければ、相場というものは成り立ちません。

新しく上場する会社の株というのは、大きく値上がりすることも多いので、上場前にそうした期待を抱いて株を購入する人は少なくないのでしょう。
しかしながら、上場後に、その会社の株を(高い値段でもいいから)買いたいという人が少なければ、逆に、安い値段でもいいからとにかく処分したい、という人も出てくるでしょう。


ウチヤマホールディングス。
明日以降、もっと下がるのかも知れません。
でも、僕は『安い値段でもいいからとにかく処分したい』という、世の中の誰かから、株を買ってみました。

目先の株価動向からすれば、株価はもっと下がるのかも知れません。
しかしながら、予想PER約5.6倍、予想PBR約0.8倍、予想配当利回り約3%という、現時点でも指標的には明らかに割安な銘柄でもあります(財務体質が良いとは言えないため、PBRの根拠は薄いですが・・・)

それに、カラオケ店・飲食店経営という業態から考えた場合、ウチヤマホールディングスはおそらく株主優待を出してくるものと思われます。
優待の内容によっては、もしかすると大化けも・・・?ってな、淡い期待を抱きながら、ウチヤマは持ち続けようと思っています。いつの日か、株価が爆騰するまで・・・


ちなみに今週は、こころネット、ユニバーサル園芸社、チャーム・ケア・コーポレーション、という3社も新しく上場します。
今週は上場する会社が多い上、地味な業態の会社ばかりなので、おそらく株価は大したことにはならないでしょう。

上場後の株価動向にもよりますので、一概に上記3社のどの会社が良い、悪いとは言い切れません。
ただ・・・3社とも公募価格で買えるのであれば、一番買いたいのはユニバーサル園芸社かなぁ。
不謹慎な言い方かも知れませんが、こころネットは、震災特需で前期の業績が嵩上げされたと考えるのが妥当でしょうし・・・
チャーム・ケアは、いくらなんでも財務体質悪すぎ。どうせ上場するなら、もっと資金集めないと。

魚の住める魚無川にしよう

滋賀県に金糞山という山があるそうです。

もちろん、行ったことはありませんし、そもそもそんな山があるということを最近になって知りました。

一体、誰がどういう意図をもってそんな名前をつけたのでしょう?

お金が糞だ、なんて・・・

(もちろん、そういう意図で名付けられたとは思いませんが・・・)


守銭奴は、人が離れていきますので、結局のところお金も離れていきます。

でも、金持ちは糞だという人とか、お金の悪口を言う人のところには、そういう人ばかりが集まりますので、お金はシナジー効果でますます離れていきますね!

世の中、お金がすべてではありませんが、お金は大切です。


そんなわけで、金糞山って、あんまり登山する気にならないなぁ~。



他方、北海道には魚無川という川があり、そこにはこんな看板が立っているそうです。


「みんなの力で 魚の住める魚無川にしよう」


http://www13.plala.or.jp/hok-ryok/hikan/tyui.htm


本当に素敵な看板です!

こういう看板を考えて設置する役所にこそ、僕は積極的に納税したいです!


今年、株で儲けることが出来たなら、この看板を設置した地方公共団体にふるさと納税しようかな♪

「この看板、もう1枚増やしてください!」ってコメント付けて。

ミスタードーナツ、1個100円未満でドーナツを売っているお店

以前のブログ

http://ameblo.jp/happyalldays/entry-11182024035.html


で、ドーナツ10個を600円で売っている、ミスタードーナツを見つけました。

昨日(4/21)、またそのお店へ行ってみると、今度はドーナツ10個を800円で売っていました。

値上げ?それとも、テストマーケティング?


それにしても、滋賀のミスドではこんな売り方をしているのを、まず見ません。

やはり、競争が激しい場所だと、消費者とっては嬉しい価格でモノが買えますね!

みらっちのブログ

他方、『年中閉店セール』をやっているようなお店も。

さすがに年中閉店セールはまずいのか、『在庫処分』と名前を変えていますが、年中在庫処分セール状態に変わりはありません。こうしたお店に騙されることのないようにして下さいね!

みらっちのブログ

この手の路面店、どう見ても一過性のブームに過ぎないと思うのですが・・・

唐揚げでしたら、食材原価率は非常に低いですし、なおかつアルバイトでも十分調理が可能ですから、販促に金をかけまくっても十分ペイするのでしょう。
みらっちのブログ

ラウンドワンの千日前店が来週開業です。

店内では、アルバイトの方が研修を受けられたりしていました。

ただ、今ひとつ目立たない立地のような気が・・・

みらっちのブログ

ちなみに、このお店の土地の値段は80億円だそうです。

ラウンドワンは梅田店同様、開店前に土地を手放してしまいました。

でも、ラウンドワンは土地を手放しても、この土地を長期間借り続けます。それならば、所有し続けるという方法もあったのでは?


みらっちのブログ
当初は5月竣工だったようですが、工事がスムーズにいったのか、何とか連休前の開業にこぎ着けたようです。

このお店も早く軌道に乗せ、2016年3月期の経常利益200億円達成に向けて頑張って欲しいと思います。



最後に、平成の『千日前デパート』。
みらっちのブログ

解体時に爆発事故を起こし、周辺商店にまで被害を及ぼした、中座。

その後、アルゼ道頓堀ビル→セラヴィスクエア中座→中座くいだおれビルと変遷し、所有者もコロコロ変わるものの、閑散ぶりは相変わらず。

千日前デパート跡地のビックカメラがパッとしないのと同様、いわくつきの土地に建つ物件は、誰がやってもダメなんですね。


滋賀県の琵琶湖大橋近くにも、誰が商売をやってもうまくいかない土地というものがあるのですが、世の中には理屈だけでは説明出来ない『何か』がある・・・というのも否定しがたい事実のように思います。

【2131】アコーディア・ゴルフ、安物買いの銭失い?

株価が急落すると、ついつい買いたくなってしまう僕。

業績悪化が原因の株価急落は手出し無用だと思っていますが、今回のようなスキャンダルであれば、買い出動だ!と僕は判断し、またしても逆張りで株式を購入してしまいました。

安い時に上手に買ったとなるのか、それとも安物買いの銭失いになるのか・・・今の時点で答えを知っているのは、神様しかいません。



さてさて、ゴルフをやらない人にとっては、どういう会社なのか全くわからない、【2131】アコーディア・ゴルフ。

僕もゴルフはやらないので、どういう会社なのかはよくわからないのですが・・・


その、アコーディア・ゴルフ。

4月17日に竹生社長に対する内部告発があり、その後、株価が大きく下がりました。


要するに、社長が会社の金を使って愛人囲った、という、良くある話と言えば良くある話なのですが・・・

それが、わずか数千万円程度の私的流用、という内容で、株価がストップ安となるということ自体、多くの投資家が『第二のオリンパス』を連想したのかも知れません。


ただし・・・

アコーディア・ゴルフは年商約870億円、経常利益約110億円を叩き出すような会社です。

そんな会社が、社長の数千万円程度の私的流用だけでh、傾いたりするわけがありません。

少なくとも、1日で株価が約15%も下がるような内容ではないはずです。


それにもかかわらず、わずか1日で株価が15%も下がってしまうということは、実は今回の問題の根は深く、報道された内容よりも遥かに大きな金額の私的流用があったのではないか?と、勘ぐらざるを得ません。



ここから先は、一種の賭けになってしまうのですが・・・


今回の告発は、一種の内紛のようなものであり、財務的、経営的には大きな問題ではない・・・と考えるのであれば、大きく値を下げたアコーディア・ゴルフは買いだと思います。

他方、今回の問題は根が深く、今後の事業展開に支障が出たり、会社のイメージに大きな傷が付き、今後業績は悪化する、と考えるのであれば、売りだと思います。

(信用売りもできる銘柄ですので、もっと下がるとお考えの方は、売りから入るのも一手でしょう)



そこで、僕は・・・

約1.8%の、高いとはいえない配当利回り

ゴルフをやらない人にとっては、使い道のない株主優待・・・というのはおいといて、


財務体質があまり良いとはいえないものの、約0.6倍のPBR、約6倍の予想PERという部分で考えた場合、同業の【2466】PGMホールディングスと比較しても、非常に割安な銘柄です。

そんな風に判断し、僕は買い出動しました。

今の時点で吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、本業そのものは堅調な会社ですので、株価回復を夢見て、気長に持ち続けようと思っています。



ちなみに・・・

PGMホールディングスの親会社、平和の現在のオーナーは石原昌幸氏です。

そして、この人は、アコーディア・ゴルフの第4位株主としても登場しています。


今後、株価がさらに下押しするようであれば、アコーディア・ゴルフでも石原氏の登場があるかも知れませんね・・・

そうして、アコーディア・ゴルフとPGMとが経営統合でもすることになれば、業界での圧倒的地位を確立することとなり、それは凄いことになりそう・・・


なんて風な夢をみながら・・・

松阪に行ってきました

松阪牛で有名な、松阪に行ってきました。


どっちかといえば、電車で行くところではなく、クルマで行くところでしょうか?

駅も、駅前も寂れています。

みらっちのブログ

駅前にあったデパートもなくなり、駅前商店街はシャッター通りとなっています。


ちなみに、松阪の読み方は、『まつさか』です。

みらっちのブログ

まつ『ざ』か


ではありませんので、念のため。


滋賀県の米原市は、市制施行を機に、駅名に市の名前を合わせて、まいはら→まいばらへと変更になりました。

(昔は同じ字であるにもかかわらず、駅名と町名が異なっていました)

松阪の場合は、もとから市の名前も駅名もまつさかです。



雨後の筍?
みらっちのブログ

面白い恋人の次は、こうした商品も根こそぎ訴えられるのかも知れませんね。



最後に、鉄道マニアなら一度は乗ってみたい、JR東海No.1のローカル線。

みらっちのブログ

列車が暴走したりとか、落石による長期間不通があったり(今も末端区間は不通です)と、何かと話題になる路線です。

よくよく考えたら、起点が松阪なんですね。

今日は時間がなく、乗ることは出来ませんでしたが、機会があれば一度乗ってみたいと思っています。


ちなみに、松阪からはJRではなく近鉄を使ったのですが、松阪駅は改札内でJRと近鉄がつながっていますので、近鉄を使う人でもJRのホームへ行くことができます(というか、南口からだとJRの駅構内を通らなければ近鉄乗り場へは行けません)。



最後に・・・松阪から京都方面への直通特急電車が激減していました(1日わずか4本!)。

そのため、ほとんどの場合は八木乗り換えになるのですが、八木で20分も待たされる羽目に・・・

近鉄の利便性が相当落ちているようですので、ご利用の際は事前にご確認されることをオススメ致します。

イオンモール草津、どっかとは違って・・・

先週末、近江大橋の近くにある、イオンモール草津へも行ってきました。

(ここだったら、DIY用品を除いて、欲しいものはまず一通り揃います)


琵琶湖大橋の近くにある、某大型ショッピングモールだと、買いたいものを揃えることが困難なのですが、イオンモール草津ならそんなことはありません。

ピエリ守山だと、生鮮食料品も家電製品も書籍も薬も買うことが出来ませんが、イオンモール草津だと、いくらなんでもそんなことはありません。やはり、商業施設開発において、核店舗の存在というのは、絶対に必要ですね。


さてさて、僕がイオンモール草津へ行ったのは繁忙時間帯ではなかったのですが、それでもフードコートは、この客入り。さすがです。

湖岸道路を北に十数キロ走ったところにある、フードコートの2/3のお店が店じまいしている某商業施設とは、全然違います。
みらっちのブログ

フードコートの中のこのお店も、【3387】クリエイト・レストランツが経営しているんですね。

お客さんもそこそこいて、何より。

ガンバレ! by クリエイト・レストランツ零細株主

みらっちのブログ


閉店店舗だらけのピエリ守山とは違い、イオンモール草津には、閉店店舗はほとんどありません。

お客さんも、そこそこ入っています。
みらっちのブログ


本当に、開業からわずか3年半で、ピエリ守山とイオンモール草津は何故ここまで差がついてしまったのでしょうね?

イオンモール(+ダイヤモンドシティ)と、大和システムとの商業施設運営能力の違い、と言われればそれまでですが、ピエリ守山の「核店舗を集客装置を持たない」という戦略が、裏目に出たような気がしてなりません。

イオンモール草津が、核店舗(サティ→イオン)、集客装置(映画館、温浴施設)といったものを兼ね備えているののとは対照的です。


かといって、核店舗と集客装置があれば成功していたかというと、これまた微妙なのですが・・・

ただ、何人もの湖西の人が、「ピエリ守山に映画館があったならば、琵琶湖大橋の通行料を払ったとしても、時々行っていたと思う」と言っていたため、少なくともシネコン併設状態で開業していれば、ここまで早く廃れることはなかったと思っています。


ピエリ守山からは無印良品も無念の撤退ですし、ヒマラヤも新商品がほとんど入らず、在庫を販売するだけの状況のようです。

みらっちのブログ
(先週末ほどひどくはありませんが、やはり売場を遊ばせている状況に変わりはありません)


イオンモール草津を蹴ってピエリ守山に出店を決めた、テナントの出店担当者さん、今頃どうしているのでしょう?




プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる