【9843】お値段相応、ニトリ

滋賀県近江八幡市に、ニトリが開業しました。

潰れる家具屋が少なくない中、ニトリって破竹の勢いで店舗網をのばしています。


さて、ニトリですが、意外と安くないな・・・というのが、正直な印象です。

確かに値段は安いのかも知れませんが、棚などの造りを見ていると、まぁ値段相応なのかな?


家具類のネジの取り付けとか、立て付けとかを見ていると、「この値段だったら、この程度の製品なんだろう」

小物類にしても、「この値段でこの品質だったら、最近の100均のほうが良いかも。最近の100均は日本製のものも多いし」


というわけで、僕はあまりニトリに良い印象を持ちませんでした。

そもそも、バカでかい「ニトリ」の看板のカタカナ表記が、対象となる客層を如実に示しているようで、まさに「安かろう、悪かろう」を好む層に受けるお店なんだろうな、というのが、ニトリを利用してよくわかりました。



「もう少し高くても良いから、もうちょっと品質の良いモノを買いたい」

今日は、こんな風に感じました。

スポンサーサイト

守銭奴企業、楽天。

楽天の、10日くらいしか有効期限のない、期間限定ポイント。

本来であれば、遅くとも20日に届くはずのモノが、今日になって、やっと届きました。







エントリーしてメルマガを読もう!1000000ポイント山分けキャンペーン
[2011/03/23]
4


2011/03/31
23:59まで

さすが、楽天ですね。

まっとうな企業であれば、地震でネットを利用できない利用者もいれば、営業に支障を来している出店企業もいるわけですから、今月くらいは何らかの便宜を図るのではないか?と、思ったりもしたのですが、違いました。

楽天という会社は、骨の髄から守銭奴のようですね。


また、楽天ブックスに関しても、雑誌を注文しても、発売日を過ぎてもなしのつぶて。

数日経過しても同じ状況だったので、仕方なくアマゾンで購入し、楽天ブックスで購入した分はキャンセルの連絡を入れました。

(本来、楽天ブックスはキャンセルが出来ないのですが、深刻なシステムトラブルに陥っているせいか、すんなりキャンセルOKの連絡をいただきました)


さすがはアマゾン。

注文後、2日で届きました。

しかも、運送会社は「ヤマト運輸」。


以前は佐川急便を使っていて、それがどうにも嫌で、アマゾンはあまり使いませんでした。

しかしながら、ヤマトで送ってくるのであれば、話は別です。


いつ送ってくるのかもわからない、対応もずさん、楽天ブックス全体が発送遅延の嵐にもかかわらず、普通に注文を受け付けているという、楽天の姿勢には疑問を感じます。

まっとうな会社であれば、トラブルで大きな発送遅延を起こしているのであれば、まずは新規受注を停止し、既存の荷物の処理に全力を尽くすモノなのですが、楽天にはそうした姿勢は見られません。

つくづく、儲け第一主義の会社なのだなぁ・・・と。


楽天カードに関しては、上手に使えば、多少のリボ手数料を払ったとしてもそれ以上の恩恵があったわけですが、こうした状況を見るにつれ、今後も楽天グループを使うのが良いのかどうか、考え直した方が良いように思えてきました。


顧客の信用を失うようなことを平気で繰り返す楽天。

この会社に将来はあるのでしょうか?




夜の繁華街

週末、久しぶりに大阪へ行きました。

何となく、街が暗いなぁ・・・


こんなご時世だからこそ、街を明るくしなければならないのに、どうしてこんなことになってしまうのでしょう?

関西地区で電気を節約したとしても、それが東日本には届かないのに・・・


関西地区で、「世の中が暗いからこそ、当店は派手に電気を使って世の中を明るくし、日本の復興に貢献します!」

なんていうお店があれば、利用したいなぁ・・・なんて思っているのですが。

逆に、看板の電気を無理に消す必要がないお店まで、電気を消してしまうのが正しいかのような雰囲気ができあがってしまったため、必要以上に世の中が暗くなっているように思えます。


こんな時期だからこそ、誰かが世の中を明るくしよう!と、行動しなければ・・・と、思うのです。

滋賀県野洲市、ほほえみの湯 【1403】大生産業

滋賀県野洲市に、ほほえみの湯(正確には、ほほえみ乃湯)というスーパー銭湯があります。

【1403】大生産業の子会社が運営するスーパー銭湯ですが、土地貸借の期限が切れるということで、今年に閉店するという新聞報道がありました。


よほど問い合わせが多かったのでしょう。

こんな、貼り紙が至る所に掲示されておりました。


「過日、マスコミ報道されました土地売却問題につきましては、皆様にご心配をおかけしております。

現在のところ、当店営業の終了あるいは継続に関しましては未だ確定事項がこざいません。

回数券につきましては、こうした事情をお汲み取りの上お求めくださいますよう、お願い申し上げます。」

みらっちのブログ
みらっちのブログ

現状、6月~7月頃の閉鎖が噂されておりますが、この時期においてなお、回数券の特売を行っております。

仮に6月末の閉鎖であっても、週一ペースでの来店があれば消化できるため、現時点では特売を行っても問題ない、という判断なのでしょうか?


ただし、店員さんによれば、仮に閉鎖が決まった場合でも、何らかの救済措置は取るとのことでした。

(使い切れなければ、回数券の残片は無効・・・という風にはならない、ということなのでしょう)


閉鎖が決まった時点で、入浴回数券を飲食やリラクゼーションに利用できるようにして消化を促し、それでも残った分については、1枚あたり○円で買い戻す・・・といった処置を取ると思われます。

(親会社が、地元に根付いた不動産屋ですから、営業施策上からも、利用者に不利な処置は取らないでしょう)


ただ、利用者としては問題が・・・。

ほほえみ乃湯から数キロ離れた場所にある、競合店の温浴施設、ほたるの湯。

入浴料については、回数券の安値販売で利用者確保を行っている施設です。


ほほえみ乃湯がなくなってしまうと、ほたるの湯は残存者利益を享受することになり、こうした回数券の安値販売を行わなくても、利用者がきっちり確保出来る可能性があります。

つまり、実質的な値上げが行われる可能性が・・・



また、ほほえみの湯は野洲駅から歩いてすぐの場所にあるため、電車等の公共交通機関を利用しての来客もある程度あるものと思われますが(入口に、電車の時刻表の掲示があります)、こうした人達にとっては、また一つ利用しやすい施設が消えてしまうことになります。


今回のほほえみ乃湯の閉鎖は、地主の土地売却に絡む問題が存在するようですが、地元の人にとってはリーズナブルな価格で利用できる温浴施設であったため、閉鎖は残念だな・・・というのが、正直な気持ちです。




自粛ばかりで、大丈夫かな?

被災された方に対しては、失礼な話なのですが、敢えて。


ここ一週間くらい、ありとあらゆるイベントが自粛となっておりますが、本当にこれはただしいことなのでしょうか?

もちろん、電気の周波数が50Hzの場所であれば、節電協力という意味での自粛もある意味、正しいことだと思います。


しかしながら、いくら電気を節約しても、そのことが直接的に被災地支援に結びつかない60Hz地区において、過剰な自粛をすることが、本当に日本のためなのだろうか?と思うと、かえって気がかりです。


世の中には、イベントの企画、設営、開催で生計を立てている業者もいれば、個人もいます。

仕事が一気になくなった、イベント会社はこれからどうやって食べていくのでしょうか?

そこで働く社員、アルバイトの人達は、どうやって食べていくのでしょうか?


今、電気が普通に使える60Hz地域においては、普通の経済活動を行い、普通の消費を行うことも、日本全体に対する経済支援でもあるのではないか?って、思っています。

僕の消費は、誰かの売上になるわけであり、その誰かの仕入れや経費が、そのまた別の誰かの売上になるわけですから・・・


もちろん、ムダは良くないことです。

しかしながら、過剰な自粛や節約は、かえって日本をダメにするのではないか?と、思っています。

普通の消費活動こそが、日本経済に対する、最大の貢献です!



そういえば、一時的に株価が暴落しましたが、暴落する=値が付いている=誰かが買い支えている、と言うことです。

金儲け目当てであったとしても、買い支える人がいるからこそ、暴落するのです。

誰も買わなければ、値段なんて付きませんから。


株式市場が暴落しているときに、買い支える人。

こんな人こそが、本当の意味で日本を守っているのだと、僕は思っています。


【3648】AGS、割安なのでは?

明日、新規上場となる、【2229】カルビーではなく、【3648】AGSのほう。


上場前から不人気が喧伝されていますが、株価指標だけを見ると、相当割安なのでは?と、思えてなりません。

もし、公募価格を切った株価で取引されるようであれば、手を出してみようかな・・・と考えています。


業績の下方修正さえなければ、割安だなぁ・・・と思える銘柄は少なくないので、はずれを掴まされることを恐れず、買っていこうかなって考えています。


株価が全体に上がっている今、指標的に買える銘柄って直近IPO銘柄くらいしかないような気がしています。

(不人気だから株価が割安というのも承知の上で)


ヤーマン、トランザクション、アイ・ケイ・ケイ・・・


これからも、不人気銘柄に積極的に手を出していこう・・・と考えています。

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる