スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランフロント大阪の養殖マグロを出すお店のこと

グランフロント大阪の開業前に、散々マスコミに登場してた、養殖マグロを出す飲食店。


マグロが予想以上に売れすぎたようで、メニューを変更していました。

「マグロ単品のお刺身」はなくなり、「お刺身盛り合わせ \2,800-」でしか、マグロのお刺身を食べることはできません。

その他、マグロのメニューがほとんどないというのは、お寒い限り・・・


マスコミへの露出をやりすぎた結果、看板メニューのみが集中的に出てしまったのでしょう。

その結果として養殖マグロがこのままでは底を尽きてしまい、提供できないような状況に陥ってしまいそうになったため、やむを得ずこんなことをしたのでしょう。


まぁ、養殖マグロを謳い文句にしておきながら、他所で捕れたマグロを仕入れて提供するよりかはマシなのですが・・・


ただ・・・これでは、お客さんがまた行きたいと思うかどうか・・・



ちなみに、グランフロント大阪の北館の飲食街は、土曜の夜でも比較的空いています。

いくら、マスコミ工作を行って、「好調だ」というヨイショ記事を書いてもらっても、お客の目はごまかせません。

グランフロント大阪への来客数はともかく、売上は予想をだいぶ下回っているのではないでしょうか?


今からでも、南館と北館の5Fか6Fに渡り廊下を付けることが出来れば、人の流れと上層階のお店の売り上げはだいぶ変わってくると思うのですが・・・難しいでしょうね。

この部分については、(設計ミスを)やらかしてしまった感、大ありです。



それと、思ったこと。

多少無理矢理であったとしても、阪急三番街とグランフロントとを何とか地下で繋げられなかったのでしょうか?


行き止まりとなっていて、どうしても足が遠のいてしまうグランフロント北館と、阪急三番街(の北の方)とを地下でつないでおけば、これまただいぶ人の流れは変わっていたと思うのですが・・・


スポンサーサイト

マカオ、1人旅(最終回)~自己満足

マカオ1人旅、楽しかったのですが、日本に帰ってから風邪の症状が悪化してしまいました。

やっぱり、あのガンガンの冷房に身体が慣れなかったようで・・・

(香港やマカオは、屋内はガンガンに冷房がかけられている場合が多く、汗をかいたまま屋内に入ってしまうと、身体が冷えてしまい、速攻で風邪を引いてしまいます)


結局、マカオではカジノで遊んでしまいました(スロットマシンで、1万数千円使ってしまいました)。

しかも、こんなカードまで作ってしまい・・・

(これって、シンガポールの有名なホテル、マリーナベイ・サンズと同系列なのでしょうか?)


みらっちのブログ

どうせなら、シンガポールのマリーナベイ・サンズ(ホテルが3棟あり、その屋上に、3棟をつなぐプールがあるホテル)にも行ってみたいなぁ・・・


ちなみにこのカード、ある程度ポイントを貯めると、ホテルの宿泊券などがもらえるようです。

が・・・到底無理。

(だったら、何のためにこんなカードを作ったのか?と、後になってから自問自答・・・)


それにしても、マカオでは今なおカジノ付ホテルの工事が行われていますが、中国経済の減速が伝わる中、さらにカジノを増設しなければならないくらいの需要があるのでしょうか?

(傍目に見て、供給過剰なような気がしてなりませんが・・・)

マカオのカジノで遊んでいた中国人客は、お金持ちというよりかは成金のような印象を与える人が割と多くいましたので、遊び方も派手な反面、お金がなくなるのも早いのではないか?という気がしてなりません。



ちなみに、香港の空港で、e-channnelの手続をしました。

(パスポートに、こんなシールを貼られました)


みらっちのブログ

この手続をすることで、香港の入出国が非常にスムーズになります。

香港の入国管理局に指紋を採られることに抵抗のない方は、ご検討を・・・

(なお、e-channnelの手続が出来る人というのは、いくつかの条件があるようなのですが、幸い僕はクリアしていたようです)



そんなわけで、また香港とマカオに行きた~い!

マカオ、1人旅~マカオの通貨

マカオから帰ってきました。

やはり、マカオに1人で出かけるというのは怪しいのか、関西空港の税関で、手荷物の中身を確認されました。

やっぱり、旅というのは、絶対に2人以上で出かけた方が楽しいです!(特に、マカオのような場所は・・・)


そんでもって・・・

カジノで遊ぼうと思い、日本円を香港ドルに両替したのですが(マカオのカジノで使われるのは、マカオの通貨パタカではなく、香港ドルです)、20代とおぼしき中国人のお姉さんでさえ、500ドルチップ(約6,700円)や1,000ドルチップ(約13,300円)を10円玉や100円玉の感覚でホイホイ賭けているような場所に、僕が参加できる訳もなく・・・


一般エリアでさえそんな状態なのに、高額賭け金エリア(明確に区切られています)だと、どういう世界が広がっているのか、想像も付きません。

また、カジノには一般人が入れないVIPエリアもあるようで・・・(某製紙会社の御曹司のように、1回に100万円も賭けるようなことをすれば、さすがに目立ちますので、そういう人達は別の場所でプレイするのでしょう)


結論。

マカオのカジノは僕を、お呼びではなかったようです。

僕のような一般サラリーマンはこんな場所に来ず、きちんと仕事をしろ!ということなのでしょう。



ところで、マカオの通貨、パタカ。

これが、曲者なのです。


みらっちのブログ

マカオでは、普通に香港ドルが使えます。そのため、タクシーに乗る時も、支払は香港ドルで行います。

他方、おつりはマカオ・パタカで渡されます。

多くの飲食店や物販店でも、同じような状況です。


ところが、マカオ・パタカは、マカオを出ると一切使えません。

香港に戻ってから気がついても、後の祭りです・・・。


・・・使い途のなくなったマカオ・パタカ。僕の部屋で、当分の間眠ることになるのかも知れません。



他方、香港ドルも余らせてしまったのですが、これは(レートの悪さに目をつぶれば)日本でも両替は出来るようです。


みらっちのブログ

それにしても、1年前に香港に初めて行った時、1万円→930香港ドルだったのに、わずか1年で1万円→760香港ドルまで円安・香港ドル高になってしまいました。

なんだか、ものすごく損した気分・・・

単純計算で、1年前に1万円で買えたものが、今では約12,200円出さないと買えないわけですから・・・


円安のデメリットはストレートに感じられる反面、円安メリットというのは、一般消費者にとってはなかなかわかりづらいですからね。



そんなこんなで、日本に帰ってきました。

明日からは、頑張って仕事します・・・


マカオ、一人旅(その3)~お呼びじゃない

マカオといえば、賭け事。

某製紙会社の御曹司が100億円使ったということで、話題になったこともありました。


有名どころではWynnとMGMがありますが、とにかく建物が豪華。そして、でかい。


wynnの屋内ショー(30分に1回あるようです)


みらっちのブログ

MGMの獅子(東京なら三越、大阪なら難波橋、そしてマカオならMGM?)


みらっちのブログ

そんでもって、カジノなのですが・・・

(言葉から判断して)ほとんどが中国人観光客であり、どこのカジノにも結構いました。


そして、一般人が入ることができる場所では、こんな賭けが行われています。


まず、1枚1,330円、1枚約6,700円のチップと、1枚約13,300円のチップがあります。

ただし、1枚約1,330円のチップを1枚ずつ賭けているような客は、ほぼいません。


他方、それ以上のチップもあるのですが(僕が見た限りでは1枚約133,000円が最高)、一般人が入ることの出来ないレートの高いフロアでは、さらに高いチップも存在するのでしょう。


そして、お客さんはこれらのチップを、まるで10円玉か100円玉のような感覚で賭けているのです。



さすがに、この感覚には僕はついていけません。

一体、マカオに観光に来ている中国人は、一体どれだけ金持ちなんだと・・・。


つまり、マカオのカジノは10万円や20万円持ってきて遊ぶような場所ではない、ということです。

(10万円で、500ドルのチップを15枚購入できますが、逆にいえばたった15枚の500ドルチップがなくなれば、10万円が消えてなくなるということでもあります・・・)



確かに、マカオのホテルはどこも豪華です。

これだけ豪華な建物と内装で、これだけ多くの人が働いているのであれば、相応の経費が必要で、それがまかなえなければホテルは潰れてしまいます。


その多くの部分を、カジノの収益が支えているのであれば、必然的にこういったレートになってしまいます。

(とはいえ、カジノの収益は個人客が使う端金ではなく、某製紙会社の御曹司のような大口顧客をどれだけ連れてくるかにかかっているそうなのですが・・・僕には想像のつかない世界です)



日本の競馬で1レースに1,000円や2,000円使ったとかとは、次元の違う世界です。

マカオでカジノを楽しもうと思えば、なくなっても良いお金を、少なくとも100万円は準備しておかないと、話にならないのではないでしょうか?

それと、10,000円や20,000円が目の前で一瞬で消える状況が続いても、平気でいられるだけの図太さがなければ、カジノなんて絶対に楽しめません。



とりあえず、マカオのカジノというのは、今の僕には出来ない賭け事です。

正直、楽しむ以前に『怖い』ので・・・


マカオのカジノが楽しめるようになるには、僕の年収が10倍くらいにならいと無理かも知れません。

そんな日は、果たして来るのでしょうか???


そんなわけで・・・

とりあえず両替した香港ドル、どうしよう・・・

マカオ、1人旅(その2)~マジっすか?

香港からマカオ行きの船は大混雑・・・。

やはり、日曜日の夕方は混雑するのでしょうか?

(乗船場の旅行会社の表示などを見る限り、今日のマカオはかなり混んでそうです)


マカオに着き、タクシーでホテルへ。

タクシーの運転手はホテルまで爆走。

(マカオにはほとんど信号というものがありません)


香港ドルでタクシー代を支払い、ホテルに入ると・・・

(日本と違って、タクシー代がめちゃくちゃ安いので、気軽にタクシーが使えます)

中国人の団体客とおぼしき家族連れでホテル内が混雑している中、一人ポツンとチェックイン。


すると・・・

フロントで、部屋をアップグレードしたという趣旨の内容を伝えられました。

見た限り、団体客が非常に多かったので、ホテルの自社グループ予約サイトから予約した個人客は優遇の対象となったのでしょう。


とはいえ、部屋に入ってみるとえらいことが・・・

アップグレードされたとはいえ、これはさすがに予約を間違えたのではないか?と思うくらいの、めちゃくちゃ豪華な部屋です。


みらっちのブログ


みらっちのブログ

ちょっと待て・・・

いくら何でも、これは僕が予約を間違えたのではないか?

1泊の料金と2泊の料金を見間違えたのではないかとか、日本円だと思ってたのが実はMOPだったとか・・・


と思い、高いインターネット接続料を払い(香港とマカオは、ホテルのネット接続は24時間で1,000円~1,500円くらい取られます)、ネットに入って予約内容を再確認。


・・・大丈夫でした。



そんなわけで、こんな千載一遇のチャンスを、みすみす逃すわけにはいきません。

明日は、ホテルからあまり出ず、こんな素敵な部屋を満喫することにします。

(実は、ちょっと賭け事をやってみようかな・・・なんて計画を立てていたのですが、変更ですっ!)


う~ん・・・

こんな素敵な部屋に、誰かと一緒に来ることが出来れば良かったのにな~

次は、きっと・・・

プロフィール

miracchi

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。