スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3223】エスエルディーの株主優待が届きました

【3223】エスエルディーの株主優待が届きました。

上場したのが権利確定日の直前だったため、株主数は少な目(単元株主数1,238人)。

マザーズではなくジャスダックへの上場だったことに加え、3社同日上場だったため、初値が噴かなかった銘柄です。それゆえ、セカンダリに期待できると思い、購入した銘柄です。

(トレーダーズウェブの初値予想がここまで外れる銘柄は、本当に珍しいですね)


株主優待は、「50%割引券、ただし最大の割引額は5,000円」という、やや微妙な内容。

ただし、一部の飲食銘柄にみられる、不必要に豪華な株主優待を付け、株主優待だけで株価が維持されている、といった不健全な銘柄とは一線を画しているため、逆に会社の将来性に期待できるのではないか?とも考えています。

エスエルディーほどの成長が期待できないのに、マザーズに上場した飲食銘柄もあるのに・・・



50%割引を有効に使うのであれば、なんばのビアガーデンで使いたいなぁ。

(首都圏とは違い、店舗数の少ない関西では選択肢が限られます)


スポンサーサイト

【3173】大阪工機、株主優待導入です

大阪機工(OKK)と間違えて株式を購入する人も少なくないだろう、【3173】大阪工機(Cominix)。

株価の割安感もなくなったな・・・と思っていた矢先の、株主優待導入。


株主数を増やし、上位市場への鞍替えを目指す姿勢が伺えます。

業績推移は順調ですが、現状(2014/9/E)現在、単元株主数はわずか1,024人ですので、株主数を増やす姿勢に転じたようです。


業績面や財務面では東証1部昇格の基準を満たしていますので、あとは株主数を増やし、浮動株比率を上げれば、東証1部も夢ではない会社です。

また、メーカー機能も有してはいますが、あくまでも大阪工機は商社メインであるため、やはり東証1部上場企業という信用は欲しいと思われます。

そのためのワンステップとしての株主優待導入なのでしょうが・・・


ただ、大阪工機は上場当初は割安感が漂っていましたが、現在は割安感で買える銘柄ではなくなりました。それゆえ、株主優待+成長性に期待するしかありません。


ご興味のある方は、会社四季報等で調べてみて、株式購入をご検討くだすぁい。

(なお、会社四季報2015年新春号には、大阪工機の株主優待情報は掲載されていませんのでご注意を・・・)



ちなみに、1024という数字を見ると、ドラえもんの「ボーナス1024倍」を思い出します。

僕が子供のころ読んだ漫画ですが、「銀行にお金を預けると、10年で2倍になる。だから100年預けたらお金が1,024倍になるので、お父さんのボーナスを銀行に預け、タイムマシンに乗って100年後に行き、預けたボーナスを下ろせば大儲け」というストーリーです。

それにしても・・・10年で2倍なんて、隔世の感がありますね。


今から思えば、あのころは牧歌的で良い時代だったのかも知れませんね・・・


【7421】カッパ・クリエイト、TOB応募は全株買い取り

かっぱ寿司、【7421】カッパ・クリエイト・ホールディングスのTOBの結果が発表されました。

応募株券は全株買い取り。

僕は、300株応募すれば100株くらいは買い取ってもらえないだろう、と思い、300株申し込んだのですが、予想は外れてしまいました。


かっぱ寿司はスシローと比べるとおいしくない、と、ほとんどの人は言います。

まぁ、店の混み具合を見れば、その差は歴然としていますが・・・

そもそも回転寿司って、ピーク時間帯とその前後は、常に客が待っているくらいの状況でなければ利益は出せないはずです。なのにかっぱ寿司の、あの客の入り具合を見ていると、やっぱりヤバかったのかなぁ・・・と、今更ながら思っています。

カッパ・クリエイト、まったく利益が出せない会社に成り下がってしまいましたので、株価指標的には、株価1,000円の根拠となり得る数字は全く存在しません。

株式分割前とはいえ、一時は10,000円くらいの株価だったのが嘘のよう・・・


ただ一つ、株価1,000円の根拠になり得る数字。

それは、年間5,000円(消費税分も加味すれば年間5,400円)分のお食事券の存在。


今後はコロワイドの子会社として事業活動を行う、かっぱ寿司(カッパ・クリエイト)。

でも、1皿100円がウリの回転寿司である以上、建設費高騰、食材高騰、人件費高騰、光熱費高騰という状況にもかかわらず、安易に消費者に価格転嫁できるような業態ではありません。

「すき家」などと同じ、いわゆるデフレ業態の筆頭です。

客単価向上が容易ではない以上、短期的にはそんなに簡単に収益性が向上するとも思えず、当面は低収益体質が続くと思われます。


それでも、株価の唯一の支えである株主優待を、新しい親会社となるコロワイドがすぐに変更することはないでしょう。

しかしながら、いずれはコロワイドの完全子会社になるであろうカッパ・クリエイトの、買収コストを抑えるというのは、ある意味コロワイドの経営にとっては必須です。不必要に高い株価でM&Aを行うというのは、コロワイド株主に対する背任ですから。

とはいえ、最終的にコロワイドが残りの株を購入するため、株価を容易に下げる方法が存在するというのは、少数株主にとっては大きなリスクです。



カッパ・クリエイト・ホールディングス株は、約10万円の投資で年5,400円のお食事券がもらえるというのは今まで確かに魅力でした。しかしながら、親会社が変更となった以上、この先どういう変更があるかわからない、ということを承知したうえで、自己責任での投資判断をお願いいたします。


再び100株買い戻そうかなぁ・・・

【8421】信金中央金庫優先出資証券、優待が届きました

【8421】信金中央金庫優先出資証券の、優待と中間業績の報告が届きました。


優待はグルメカタログです。

有難くいただきます。


そんでもって、中間業績報告。


貸出金残高が6兆円台なのに対し、有価証券残高が、貸出残高の約3倍の19兆円台。

優良貸付先の確保が難しい様子がうかがえます。

さらに、貸付金の半分以上は、国、政府関係機関、地方公共団体、公益法人に回っており、民間への貸し付けは約1/3程度にすぎません。



このグラフからは、黒田バズーカと呼ばれる異次元緩和を行ったところで、民間への貸出にはお金が回らず、金融機関や公的機関の間で、お金がグルグル回っているだけ、という印象を受けてしまいます。

残念ながら、アベノミクスの第一の矢が上手く機能していない様子がうかがえます。




また、保有している有価証券のうち、約6割(約12兆円)が国債です。

黒田バズーカによる金融緩和で金利が低下し、含み益が発生したのは結構なことです。

しかしながら、こんなに国債を保有していると、金利が少しでも上昇する(=国債価格が下落する)と大きな含み損を抱えてしまうことになります。

まぁ、今のところは日銀が国債を無制限に買い取りますので、そんな心配は無用ですが・・・


黒田バズーカが始まる前はローリスクな運用だったのですが、さすがに黒田バズーカ2の今においては、このポートフォリオは逆にハイリスクに思えてしまいます。


大丈夫かな?信金中金。

【7278】エクセディの配当が届きました

大阪の自動車部品メーカー、【7278】エクセディの中間配当が届きました(優待は3月のみです)。




トルクコンバータ累計生産が1億台になったということで、記念式典の写真が載っています。

(日本、アメリカ、タイ、中国、メキシコ)



上記5ヶ国以外にも、インド、ベトナム、マレーシア、東欧などの工場が紹介されています。



長い年月をかけて築き上げた、エクセディの国際ネットワーク。

長い間円高が続きましたので、円高は海外進出の後押しになってしまった感じがあります。


ただ、いくら円の最高値から5割も円安になったからといって、いきなり国内回帰は出来ません。

自動車部品の製造は、労働集約型産業ではありません。

縫製のように、人さえ集めればすぐに何かができるような業種であればともかく、自動車部品メーカーの場合、工場の計画から安定稼働までには数年の年月がかかりますし、今円安だからといって、将来の見通しも不透明な状況では、生産国をすぐに変更できたりはしませんし、工場の新設計画も目先の状況だけで判断出来たりはしません。


さらには、電子部品のように小さくて高価な製品であればともかく、自動車部品の場合は仕入れ先、納品先との物流も考慮する必要もありますので、自社の都合だけで勝手に生産国や生産工場を変えるわけにはいきません。



民主党が政権の座から滑り落ちて、2年。

自民党政権に変わり、円安にはなりましたが、「良い仕事」が国内で増える兆しはありません。

少なくとも今の時点で、大手製造業の国内回帰が公表されない限り、今後も2~3年は国内での雇用の大幅増は見込みにくいでしょう。


大手製造業の国内回帰が行われないのは、為替だけの問題ではない。

だとすれば、何が問題なのか?

衆議院選挙後に発足する内閣は、その問題の解決にぜひとも取り組んでいただきたいと思っています。

(おそらく、相当な痛みを伴う構造改革になるとは思いますが・・・)


プロフィール

Author:miracchi
東証2部、ジャスダックなどのマイナーな株を、こよなく愛する株ブログです。
一応株で儲けたいと思っているのですが、どう考えても儲けようとは思っていないだろう!と言われそうな内容も多々あります。
なお、このブログは短期間で大きく儲ける方法は紹介しません。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。